鬼頭郁子のダイアリー

パリのアパルトマンのようなハウススタジオで撮影

いよいよ、花・芸術文化協会「アーティフィシャルフラワーデコレーションブック」(仮)の撮影が本格的にはじまりました。隅田川がセーヌ川のように見える、パリのアパルトマンのようなハウススタジオで撮影です。

      

生徒さんとは、撮影の打ち合わせ、準備、作品レッスン、当日のスタイリングと慌ただしかったですが、皆様の真剣な姿に感動でした。

        

協会本も「サロンマダムたちのアール ドゥ ヴィーブル」などを入れるとこれで7冊目になり、撮影経験を積んだ生徒さんは、テキパキとアイロンかけ。
認定校主宰者は、サロン紹介の写真のためのヘアメイク&顔写真撮影と、大忙しでした。

   

何かを創り上げた時の達成感はいいですね。笑いありの2日間でした。素敵な作品がいっぱいです。

  

また、第3弾の生徒さんの作品打ち合わせがはじまります。次の撮影は9月。撮影は12月まで続きます。
来年3月の出版になります。

お盆休みはいかがでしたでしょうか

皆さま、お盆休みはいかがでしたでしょうか?
日中の暑さが続きますが、夜になると少しだけ秋の気配が感じられます。ダイアリーは、お盆前のパーティープロデュース講座3日間のお写真です。


3日間のパーティープロデュース講座 基本コースが終わりました。汐留教室は毎日ガンガンにクーラーをかけて、すっかり秋のコーディネートでした。
秋には、2日間集中上級コースを開講します。基本コース受講下さった皆様、またご連絡させて頂きます。よろしくお願いします。


さて、先月ですが、福岡でテーブルコーディネートディプロマを習得下さったご縁で「茅乃舎」料理開発顧問で、お料理教室主宰の青柳先生のご自宅へお招きいただきました。よく冊子を見て、真似して作っていた「茅乃舎だし」のレシピ冊子。その本物の味に感激でした。

  

海の見える素敵なお教室でした。9月9日東京、10日名古屋、11日大阪で、ご一緒に、お月見の献立と和モダンなテーブルコーディネートのセミナーをさせていただきます。詳細はこちらです。
ぜひご参加ください。
http://musee.co.jp/簡単!美味しい!からだに優しい!お月見の料理/


そして、ご報告です。
花・芸術文化協会で「アーティフィシャルフラワー デコレーション テキストブック(仮)」を出版させて頂くことになり、猛暑の中、撮影が始まりました。
トップバッターは、福岡 田中志麻さんの「中国茶のテーブル」と「紫陽花のおもてなしテーブル」でした。

 

とても素敵なテーブルを作ってくださいました。
来週は東京のハウススタジオにて2日間。来月は軽井沢・・・撮影は12月まで続きます。本の出版は、来年の3月を予定しています。

さて、前回のドバイの旅の続きです。

マディナ ジュメイラのビーチに突き出たシーフードレストランにサンセット ディナーに行きました。インスタ映えするような素敵なレストランでした。盛り付けも綺麗でしたが、繊細な日本と違ってやはり大味な感じ。塩っぱいと言うのか、「海の味」でした。

 

 
バージ アル アラブが見えました。ドバイはどこも、やたらスケールが大きいかったです。

 

 
宿泊はホテル「アトランティス ザ バーム ドバイ」へ。
まるでディズニーのアラジンの世界でした。

   
ラクダに乗って、アクアリウム見て、夏休みのドバイ旅を楽しみました。
充電できたので、また頑張れます!
秋も色々なレッスンやイベントが目白押しです。

夏休みをとって、「アラビアの宝石」と称されるアブダビに行きました

夏休みをとって、「アラビアの宝石」と称されるアブダビに行きました。
シェイク ザイード グランド モスク、立派なモスクで、白く光輝いていました。
灼熱の太陽で、気温は軽く40℃こえです。暑い。

ガイドさんに説明を聞きました。女性は、長袖、足首まで隠し、髪も出してはいけません。
入り口で、持ち物チェックのあと、衣装を借りて入ります。これがまた暑い!

宿泊は、想像をこえるゴージャスさのエミレーツ パレス ホテル。
お部屋の窓から、アラビア湾が見えました。

ウェルカムのフルーツのお皿も金彩で素晴らしい!
「オー!これは、アビランドだァ」と思って手にしたら、ベルナルドでした。リモージュ焼きには変わりませんが。。。。。


ホテル内は、噴水などがあり、大理石だらけ、調度品も家具もゴールド系、クーラーが効きすぎて、訳分からない広さに迷子になり、何度も部屋に帰れませんでした。

ホテルで、アラビア湾のシーフード料理をいただきました。シャーク アタックというカクテルを注文。名前もすごいけど、ジン 、テキーラ、ウォッカとブルーキュラソーというレシピもすごいです。

タコの盛り付けも斬新でした。お味は、暑い国だからかな?ちょっと、大雑把で、ちょっと塩辛い!

食後に散歩。イルミネーションが派手です。

鳥がさえずり、アラビックな朝でした。


ホテルの朝食は、イギリス式のメニューから、アラビア料理まで盛りだくさん。以前、モロッコで食べたフムス(ひよこ豆のペースト)とミントサラダがありました。「モロカン ブッフェ」のテーブルコーディネートレッスンの時に、お出しして人気でした。酸っぱさが良いです。

お茶の種類もたくさん。
ミルクの中に、キャメル ミルクがありました!
本当にラクダのミルクなのかな?少し甘い匂いがしました。


エミレーツ パレスホテルの名物、24金入のカプチーノ。
さっそくインスタアップしました。

 

その後は、タクシーでドバイへ。
続きはまた、報告させていただきます。

さて、ドバイから帰ってすぐに九州へ。
福岡 のラ・ロシェルさんでフランスの食卓や、プロトコールを学ぶランチ会をさせていただきました。

エルメスのお皿に合わせて、オンシジュームなどでアレンジしました。

お料理は、温かい前菜、冷たい前菜(けっこうボリュームのあるフォアグラ)お魚料理がロブスター、口直し、次に和牛。いつも思うのですが、九州って量が多い!素材もいいし、良心的なお値段でびっくりします。
美味しく、サービスも素晴らしかったです。

テーブルコーディネートディプロマ習得生の皆様は、最後の宿題提出でした。皆様、ディプロマを手にされ記念写真。お疲れ様でした。
福岡 ラ・ロシェル様、お世話になりました。ありがとうございました。

2019 © Musée