鬼頭郁子のダイアリー

#一服チャレンジお茶碗バトン が回ってきました

久しぶりのダイアリーアップになってしまいました。9月になりましたが、感染者増加でまだまだコロナの脅威が続いてますね。 先月はインスタにて、武者小路千家 千宗屋様がスタートされた、#一服チャレンジお茶碗バトン が回ってきました。

バトンを下さったの6年前に出版した花とテーブルコーディネートの著書 「上質な暮らしの実践 Art de Vivre を楽しむ10のアプローチ 」をご担当下さった編集者の永井千佳子様です。 普段はアフタヌーンティーなどを良くアップしていて、全く「寂・茶の湯」の要素がない私のSNSなのに何故? と思いましたが、旅で見つけたお菓子を、お茶と一緒に、自然を眺めながら頂く話を覚えていて下さったのかしら?

野点セットと言うほどではないのですが、家にあるお茶碗を、フランスリネンに包んで、籐のバスケットに入れて持ち歩いています。 自然の中の一服は爽快です。 この事がきっかけで、 「上質な暮らしの実践 Art de Vivre を楽しむ10のアプローチ 」を読み返して見ました。 お花や食卓の楽しみ方、フランス旅や食卓芸術などもご紹介させて頂いてますが、1冊の本だと、原稿は書いても書いても終わらず、途中でめげそうになるのですが、[ここの表現はいいですね][ここはわかりやすい書き方です。この調子で頑張りましょう]など、根気良く励まして下さり、私は密かに「赤ペン先生」と慕っておりました。

今は退社され、伊勢で暮らしていらっしゃるそうで、またお会い出来たら嬉しいなぁ。と思います。 このお抹茶茶碗を撮影したのは、私のお気に入りの撮影場所。 先日も、アビランドのオンラインショップでの商品撮影を致しました。

撮影後は、バスケットに詰めたランチでピクニック。 山はもうすっかり秋でした。

鬼頭郁子のインスタはこちらから

また、アビランド インスタはこちらになります

ぜひご覧下さいませ。

金沢日航ホテルでアフタヌーンティーマナーセミナー

晴天の金沢、青い海と白山や立山連峰の両方が眺められる金沢日航ホテル30階の最高のロケーションで、アトリエ ジュリエ主宰砂田ちなつ様主催によるアフタヌーンティーマナーセミナーの講師を務めさせて頂きました。

ヨーロッパの文化や歴史に興味がある男性方も多く、いつもの講座とはちょっぴり違う雰囲気でしたが、ご質問も多く、皆様、熱心にご参加下さいました。

アフタヌーンティーと言えば英国ですが、バラの花やピンクのエレガントなテーブルとのご依頼で、アビランドの「ルーブシェンヌ」でロマンティックにコーディネートさせて頂きました。

素晴らしい機会をくださいました砂田様、高作様に心より感謝申し上げます。

男性の皆様もジャケット、女性もエレガントなワンピースや柔らかなスーツ姿で優雅な大人時間でした。 お写真は、松田真由美様からいただきました。 ありがとうございました。

また、金沢には前入りして北陸の美味しいものをたくさん頂きました。 出会ってから長い月日が経つ、金沢、富山の素晴らしい生徒様と、なかなか予約が取れない「マキノンチ」へ。

夜は早川由紀先生と「厨しんさく」さんへ。

思いがけず、金沢の楽しい時間を過ごすことが出来き感謝です。

「マグレブ料理」を教えて頂きました

こんな時期ですが、感染防止換気も万全に、極少人数で二階堂多香子先生をお迎えして「マグレブ料理」を教えて頂きました。

マグレブとは、リビア、チュニジア、アルジェリア、モロッコなど北アフリカ諸国の総称です。
スパイスやハーブをたくさん使ったお料理で、この夏、元気に乗り越えれそうです。

メニューは、レモンミント、
・ブリック(じゃがいもとツナ、卵の包み揚げ)
ハリッサ(マグレブ料理に欠かせないピリ辛レリッシュ)のお土産あり。

・マグレブ風ビリヤニとケバブ(アラブ風スパイスたっぷりの炊き込みご飯と肉団子

・モロカンサラダ (キュウリと赤ピーマン、コリアンダーのサラダ)

・ナッツたっぷりのバクラバ(甘いパイのようなお菓子)とココナツ風味のスイカのシャーベット

今回のテーブルコーディネートのポイントは、異国情緒が漂うように、椰子の葉とテントをイメージした白い布。(生地を買って来て4角にシルバーのタッセルをつけました)

これで、アクリルボードが目立ちません!

お花は南アフリカのプロテアやバンクシャー。食器はアビランドの「オーシャン」です。

いいお天気で、汐留からの浜離宮の眺めも最高で、今回も教室に入って来るなり、「わぁ!」って喜んでいただき嬉しかったです。

マグレブ料理会のテーブルコーディネートや準備に長い時間を費やして来たので、レッスンが終わった後の、布のテントや椰子を片付けるのが淋しくなりました。

ベランダもマグレブの雰囲気にしたので、片付ける前に汐留の夜景を観ながら一人でお疲れ様。

スパイスいっぱいのマグレブ料理にはソーテルヌ ワインが良くあうので、ラリックの「シャペル ド シャトー ラフォリ ペラゲ ソーテルヌ 2016」

二階堂先生の知識の深さと美味しいお料理、楽しいひとときを過ごす事が出来ました。
心から感謝申し上げます。

さて、次の汐留レッスンは8月27日、28日、30日。

イタリア フィレンツェをイメージした花とテーブルコーディネートです。
詳細はこちら>>

テーブルコーディネートレッスン再開に向けて、教室のカーペットもベージュからチャコールグレーにチェンジ。今、新しいカーテンをオーダーしています。

コロナ禍の中ですが、前向きに、安全対策に気をつけながら、出来る事を少しずつやって行きたいと思います。

花レッスンはゆるゆると、マンツーマン、またはお友達同士3名様までで再開しました。7月中旬から9月まではアーティフィシャルフラワーになります。

今後とも宜しくお願い申し上げます。

2024 © Musée