鬼頭郁子のダイアリー

大塚家具 銀座逸品会 ~世界の逸品に巡り会う旅への誘い~が開催されました

14日から16日まで、大塚家具 銀座逸品会 ~世界の逸品に巡り会う旅への誘い~が開催され、それに伴い花・芸術文化協会の皆様たちの、フラワーアレンジメントやテーブルコーディネートの作品を飾らせて戴きました。クラシック、アールヌーヴォー、イタリアモダンなど、素敵な家具での作品展示で、興奮冷めやらずでした。そして、15日の3時からは、VIPルームでテーブルコーディネートセミナーをさせていただきました。セミナーは、インテリアに合わせた、食器やクロスの選び方、ランを使った、簡単なデコレーションなどをティーカクテルと一緒にお楽しみいただきました。


お写真は麗奈ちゃんが送って来てくれました。食器は「ベルエポック」お花はランとレモン で初夏のイメージです。
そして、お客様にはティーカクテルとお菓子を用意。
お越し下さいました皆様、ありがとうございました。
アシスタントは、認定校の八木千晶さん、小野麗奈さん、吉高智子さん 、そして仙波由美さん。本当に、ありがとうございました

また、作品出展して下さいました皆様、お疲れ様でした。
皆様の作品は、協会のホームページで詳しくアップさせていただきます。
作品は、さき子先生、麗奈先生、杉野様のお写真をお借りしました。
このような、機会をいただきましたKPクリエイション様、大塚家具様、
ありがとうございました。


小野麗奈先生

杉野由紀子さん

磯部作喜子先生

 

日曜日のイースターの日には、フランス商工会議所「ボンジュールフランス」さんの「ガーデンパーティー&イースターエッグハント」に伺いました。


フランス大使公邸のお庭でピクニック。フォーション のバゲット。アランミリアのネクター。ポメリー。トランスドブリ 。グロワ エ ナチュールのリエット。コント ド プロバンスのマーマレード。サヴァンシアのチーズデザート。サンミッシェルのガレット。ロッシェ ボゼの日焼け止めスプレー。エビアン 、ピクニックシートなどが、可愛いバスケットに詰まってました。エッグハンティングも楽しかったです。
 

フランスのちびっ子たちがうさぎのぬいぐるみを抱えて跳ね回っていました。フランス商工会議所のスタッフの方が、皆様トリコロールのお洋服で、それも素敵でした。

そして、その後で、新宿伊勢丹さんのフランス展へ。
フランス商工会議所さんが、今回だけの特別出店のお店を、色々ご案内下さり、来日されている生産者さんをご紹介くださいました。
また今回、伊勢丹さんで配布されているこちらの冊子に、コラムを書かせていただきました。

お手にされる機会があれば、ぜひ読んでいただけたら嬉しいです。

星野リゾートを大研究!「星のや 富士」に取材に行きました。

「美・プレミアム」20号が4月3日発売しました。
今回は、星野リゾートを大研究!私は、「星のや 富士」に取材に行きました。

 

そして、コニャックの最高峰として、君臨し続ける「ルイ13世」。この奇跡のブランデーを生み出す、コニャック地方の レミーマルタン家が所有する迎賓館「ル クラブ」を訪ねた記事も書きました。
今回は、フランスまで、重い一眼レフを持って行き、写真も撮りました。
いつも、ピンがしっかりあっていないので、大きく使われることはないのですが、写真も採用されました。だから、クレジットはText&Photo Isabella Konnsutannchinn になってます。すご~い(笑)
カメラマン デビュー?

この記事は、ウェブサイトでもアップしています。ぜひ、ご覧ください。

このコニャック特集ではスタイリングもしています。ルイ13世にお誘いした、奈良のお料理教室主宰のナンシー先生に、コニャックにあうお料理を作っていただきました。

ナンシーに、お花を頼まれたのに忘れてしまい、慌てて「学園駅」の駅前で、鉢物を買って急遽アレンジしました。素敵になったから、結果良し。
お花のお礼に、撮影後、薬師寺の前 管主様もいらっしゃり、美味しいお肉をご馳走になりました。
「実際に人を不幸にしなくても、心で不幸になれば良いなどと思うだけで、同じ罪になり、その罪は蓄積されていく」と言うお話を、山田法胤先生がして下さいました。ビール、ワイン、日本酒のチャンポンでかなり、みんな酔っ払ってましたが、ありがたいお話を頂き、有意義な奈良の1日でした。
薬師寺 http://www.nara-yakushiji.com/index.html

そして、出来立ての「美・プレミアム」をバックに入れて、家族で修善寺の「あさば」にお泊まりに行きました。

美しいお庭を眺めながら、自分の担当ページをチェック!
ライターとしてのページは、まだまだ自信がないけど、テーブルコーディネートやスタイリングを担当したページは、我ながら素敵だと思う。
自画自賛ですみません。私の記事だけで無く、「美プレミアム」は、今号もラグジュアリーな特集が満載です。
ぜひ、ご覧ください。
今回は、母の誕生祝いであさばに行きました。久しぶりに、のんびりできました。落ち着く、大好きなお宿です。
あさば http://www.asaba-ryokan.com/sp/

「ギャンゲット」を大阪で開催しました

シーズナル テーブルコーディネートレッスン。今月のテーマ「ギャンゲット」を大阪でも開講させていただきました。本来は野外のギャンゲットですが、屋内なので、テーブルの中央を、パリ郊外の川辺に見立てて、印象派の画家たちが愛した水辺の輝きを表現しました。

ルノアールの代表的な絵「 ル ギャンゲット」のイメージです。

レッスンは、生徒さんであり、サロンオーナーの鎌苅さんの
四ッ橋駅からすぐの北堀江にある「ル・プラン・ド・ルミエール」
http://www.plein-lumiere.com/
真っ白で、洗練された空間。
大阪で一番人気でオシャレなサロンと言われているそうです。
オーナーの鎌苅ご夫妻も、とても親切でいろいろ面倒を見て下さいました。

 

 

初日の平日は、21名のご参加で、お花のアレンジもテーブルの入れ替えで、
作っていただき、バタバタしてしまいましたが、皆様、協力して下さりありがとうございました。

初めてお会いする方も多く、新しい出会いに心が弾みました。

2日目は、卒業式、終了式、お子様の行事などで人数が少なく
しかも、テーブルコーディネートディプロマ習得の生徒さんが多く
すっかり、遊びモード。
嬉しかったのは、まゆみんとレイチェルが、ルノワールを意識した、
ギャンゲットぽいお洋服で来てくれた事!
皆様で、2人をモデルに写真を撮りまくりでした。

 

 

小物まで、お洒落に決めて来てくれました。
綺麗なお料理のお写真も、まゆみんちゃん
大阪で美容針をされている、美のカリスマです。
まゆみんが撮ると、安いワインでも素敵。

(ギャンゲットは、もともとギャンゲという安い白ワインから来ている
言葉だそうです。当時、パリでは酒税が高く、それでパリ郊外で酒税の安い、川べりの居酒屋的なギャンゲットが流行りました)

 

 

フレンチ アコーディオンの音楽と白ワインで、レッスンだと言うのに
楽しく飲んで過ごしてしまいました。
お料理を担当して下さった磯部作喜子先生ー。アシスタントの乾衣里先生。
お世話になりました鎌苅ご夫妻、ありがとうございました。

そして、先週も大阪でした。
高島屋 大阪店4階「ハナエモリ」ポップアップ ショップのオープンイベント「はなのある暮らし」で、お花のオープンレッスンをさせていただきました。

ハナエモリ ブランドさんの春の新作ワンピースのテーマが「バラ・マーガレット・プリムラ」。そのお洋服に合わせたオープン形式のブーケレッスン&デモンストレーションでした。
アシスタントの衣里ちゃん、やっちゃん、原ちゃん。ママ友をいっぱい連れて参加の岡本さん、お越しくださいました皆様、ありがとうございました。

終了後は、花どんやの松村社長と串カツ。
松村社長、「ハナエモリ」の皆様、素敵な機会をいただき、ありがとうございました。

2017 © Musée