鬼頭郁子のダイアリー

12月の最後のレッスンは【お正月に役立つ和と洋の組み合わレッスン】

2021年12月の最後のレッスンは【お正月に役立つ和と洋の組み合わレッスン】

和食器と洋食器を組み合わせるポイントをサイズ、素材、色、柄について、わかりやすくレクチャーさせて頂きました。

レクチャー後は、テーブル用のプチお正月飾りを作り、お節にも使える江戸料理と、東京でつくられる日本酒「江戸開城」(東京港酒造)をお楽しみ頂きました。

夜の部は汐留の夜景を楽しみながら。。。

漆器と合わせた食器はアビランド スフレドール、グラスはリーデルの大吟醸グラス他。

東京で、こんな近くで日本酒が作られているなんて知りませんでした。
早川由紀先生、#江戸開城 のご紹介ありがとうございました。

そして、今年はフラワーギフトカノンをプロデュースしました。
https://flower-gift.musee.co.jp

そのデザイナーを育成するフラワーギフト講座を開講しました。

1日目は、仕入れ価格に対する商品の値付けの知識を含めたフラワーギフト制作、ラッピング、安全な梱包や発送について。
また、お菓子や紅茶などとのセットアレンジの実習。

2日目はフレームアレンジとスタイリングandフォト。
スタイリングの色合わせや素材合わせ、逆光やサイド光などで、光の使い方を学んだり、商品を美しく見せるレフの使い方など。
また、簡潔で的確な商品説明の書き方、販売の注意点など、盛り沢山な内容でした。

色々なブランド様とのお付き合いがあるカノンだからこそ、色々なセット販売が出来るのもカノンフラワーギフトの強みです。

講師は10年以上、常に1デザイン100個以上を販売し続ける山崎千穂先生です。

カノンとして活動されなくても、ご自身でのネットや百貨店での花販売にご興味がある方はぜひ、ご参加下さいね。

次回開催日
名古屋 1月17日(月)18日(火)
東京 2月5日(土)6日(日)

詳しくは。
https://musee.co.jp/フラワーギフト販売集中講座/

今年も、お花とテーブルコーディネートレッスン、新しく始まりましたフラワーギフト カノン。
そして、フランスリモージュ磁器のアビランドのダイアリーをご覧頂き、ありがとうございました。

まだまだ、コロナ禍ですが、皆様が素敵な新年をお迎え下さいますよう、心よりお祈り申し上げます。

クリスマステーブルコーディネートセミナー

イタリアを代表する老舗家具ブランド Poltrona Frau ポルトローナ・フラウとイタリアのハイジュエリーブランドBUCCELLATI ブチェラッティのITALIAN LUXURY 特別展示で、クリスマステーブルコーディネートセミナーをさせて頂きました。

https://www.idc-otsuka.jp/poltrona-frau-tokyo-aoyama/

芸術と言われる家具が並ぶラグジュアリーな空間で、ブチェラッティさんの卓越した職人技のシルバーを使ってのテーブルコーディネート。

両方とも大好きな憧れのブランドでしたので、仕事でしたが、とても楽しく、嬉しかったです。

https://www.idc-otsuka.jp/poltrona-frau-tokyo-aoyama/news/poltrona-frau-x-buccellati.html

ブチェラッティHP https://jp.buccellati.com/jp

そして、食器はアビランド
金盛りがゴージャスな
【インペリアル クラウン】を使用しました。

そして、先週で二階堂多香子先生とのコラボレッスンの全3回コースが全て終了しました。

先生のお得意のロシア料理をロシア皇帝のために作られたシャンパーニュ ツァリーヌでお楽しみ頂きました。

クリスマス仕様のデザートも可愛かったです。
今、時代が抱えている複雑な国際マナーのお話も非常に勉強になりました。

毎回、楽しかったから寂しい〜って思ったら「シリーズで続けて下さい」と生徒様からおっしゃって頂き、2人で嬉しくなっちゃいました。
来年はどこの国をテーマにしようかなぁ〜と相談してます。

二階堂多香子先生ご著書の「また会いたくなる人のマナー」もぜひ書店でお手にとってくださいね。

クリスマススワッグ作りが続きました

クリスマススワッグ作りが続きました。 今年はモミやヒバ、ユーカリなど8種類の枝を使いました。

それぞれの枝の緑の色が違うので作る方の味が出ます。 部屋中が森のいい香りになりました。

オーナメントやリボンは色は使わずに麻色やシルバー、アンティークゴールドなどで仕上げました。 フレッシュな香りがクリスマスまで楽しめます。 今年のレッスン後のシュトーレンは、京都の天然酵母パン グリム さん オーナメントやリボンは色は使わずに麻色やシルバー、アンティークゴールドなどで仕上げました。 フレッシュな香りがクリスマスまで楽しめます。 今年のレッスン後のシュトーレンは、京都の天然酵母パン グリム さん

毎年のシュトーレン選びも楽しみです。 そして出張レッスンは、「マダム シャンパーニュ」様主催のクリスマスイベントでリースのレッスンをさせて頂きました。

皆さま、思い思いに楽しそうにお作り下さいました。クリスマスリースが出来上がる頃には、シャンパーニュのご用意が! おすすめ3種類のシャンパーニュと、シャンパーニュをいただくワンポイント講座もあり、贅沢大人時間でした。

主催のマダム シャンパーニュ様、ご参加の皆さま、ありがとうございました。 追記 アメリカンカールと言う猫ちゃんがめちゃ可愛かったです。

2022 © Musée