鬼頭郁子のダイアリー

今日から8月です

今日から8月です。 東京をはじめ、全国的に感染者が増加してしまいました。 先が見えず、どうしたらいいのかわからない日々ですが、花は不安やストレスから心をケアしてくれるそうです。

医療従事者様、私たちの生活を支えてくださっている皆様に感謝の花を送ります。

そして、この大変な事態を乗り切れるように力を合わせて頑張りましょう!

この季節に咲くアガパンサスは、ギリシャ語で「愛の花」と言う意味だそうです。 そして、白いアガパンサスの花言葉は「誠実な愛」 優しい花姿ですね。今日は14時から、エレガントな雑誌 ヴァンサンカン25 ansさんでのインスタライブです

ご覧いただけたら嬉しいです。

無心に咲く桜を眺めて

地球規模で 新型コロナウイルスの感染拡大が続いていますね。 一体、この先どうなってしまうのでしょうか? 教室は全面的に全てのレッスンを中止しておりますが、日頃出来なかったテーブルコーディネート用の食器やクロス、花器などを片付けたり、整理整頓をしております。

ポカポカ陽気の三連休は、徒歩5分の旧芝離宮恩師庭園へ。浜離宮よりかなり小さいから、お手軽散歩にはちょうどいい。幕末は紀州徳川家の芝御屋敷だったそうです。

ちなみに、浜離宮は「浜御殿」と言われた将軍家の別邸。汐留教室のある場所は、肥後徳川家の別邸だったようです。江戸時代は海近く、のんびり風雅を味わう贅沢な別荘エリアだったのですね。
桜はまだ満開ではありませんが、ご近所散歩を楽しみました。
アクセス:旧芝離宮恩師庭園は、JR浜松町駅北口から徒歩1分です。

無心に咲く桜を眺めていると、今、世界的危機というのを少しだけ忘れて心が安らぎます。

日本がこんな事態になるとは

日本がこんな事態になるとは思ってもいませんでしたね。コロナウィルスの拡大の為、準備していたイベントやレッスンは中止となり、2月27 日からの「煌めきのアラビアンランチ」の中止は前日の夜に決めました。

数日前から全力で準備に費やしたので、お料理の二階堂先生と気落ちしました。 でもせっかく準備したので、二階堂先生とテーブルを作りランチをしました。

アラブ系の音楽をかけて、パリ仕入れの帰りに立ち寄ったモロッコやドバイで買い込んで来た雑貨を使って花をいけ、テーブルをつくりました。

タブーリサラダとパパガヌーシュ (焼きなすとゴマのペースト)、 2色のファラフェル タヒニソース 添えは、綺麗な色合い!

香辛料がたくさん入ったサルーナ (鶏肉と野菜のスープ)は、デトックス効果もあるそうです。

デザートのドライフィグのコンポート レモンヨーグルト添えは簡単でめちゃくちゃ美味しい! 日本にある食材も臨機応変に、合理的にアレンジされた美味しいアラブ料理でした。

レッスン出来なくてガッカリだけど収束したら、またレッスンを開催しましょう!と前向きな気持ちになりました。 1日も早く収束し、安心して暮らせる日々になりますように祈るばかりです。 皆さま、くれぐれも気をつけてお過ごし下さい。

2020 © Musée