鬼頭郁子のダイアリー

「フランスの宮廷文化 マリーアントワネットの花とテーブル」レッスン終了しました

毎回人気の「フランスの宮廷文化 マリーアントワネットの花とテーブル」のレッスンが終了しました。

今回も、お花好き、テーブル好き、マリーアントワネット好き、歴史好きな方々がお越しくださり、ご縁が広がりました。

マリーアントワネットが好んだ勿忘草も入れてのお花は、1人づつアレンジしてお持ち帰り頂きます。

マリーアントワネットがヴェルサイユ宮殿で使用した矢車草のついたヒストリーデザインの食器でテーブルを作り、この時代の様式などを説明しました。

レッスン後は、ヴェルサイユの王の菜園で採れた果実とバラのアロマがブレンドされた、「レ ドゥーズ ド ヴェルサイユ」というヴェルサイユゆかりのロゼ シャンパン、ニナス マリーアントワネットティで、ティ タイムをお楽しみいただきました。

 

 
 

いつもは、ラデュレのケーキなのですが、まだ暑さが残っているので、ラデュレのバラのアイスクリームにしました。

このレッスンに、元NHKアナウンサーの牛窪万里子さんがご参加され、この時にお話したフランスの女性たちのエレガントなマナーのエピソードがきっかけで、牛窪さんのラジオ番組に出演を頼まれ、先日、収録に伺いました。 放送日は、またご案内させていただきます。

 

 

また先週は、いま流行りのボタニカルアレンジメントを作り、シンプル ナチュラルなコーディネートや、ディスプレイを学ぶレッスンを開催させていただきました。

 

その後、テーブルに合わせたハーブいっぱいのランチをお楽しみいただきました。 めちゃくちゃ簡単なお料理しか作れませんが、ローズマリーを使った豚のミルク煮が好評でした。 一般社団法人花・芸術文化協会 アーティフィシャルフラワーの認定校としてご活躍いただける、アーティフィシャルフラワー短期集中ディプロマコースも開催しています。 ご興味のある方は、メールにてお問い合わせください。

 

 

単発レッスンのご案内は、インスタグラムで発信しています。よろしくければ、ご覧下さい。

https://www.instagram.com/kito_ikuko/

イタリアのコスタクルーズでの福岡〜大連 2泊3日の旅に

雑誌PAVONE 様から、イタリアのコスタクルーズでの福岡〜大連 2泊3日の旅にご招待いただきました。

 

まずは最上階、船首のスィートルームにチェック イン。
 

素晴らしい眺め!
イタリア流、人生を楽しむ大人時間のスタートです。

1800人泊まれる豪華クルーズ船を20名でのご招待でしたので、皆様、全然がスィートルーム。 (日本のお客様は全員福岡で降り、次の大連で、新たな中国のお客様が乗ってくるという移動タイムの特別ご招待でした!)

大勢のクルーズスタッフ様と、20名の私たちだけで、贅沢にも福岡港をカクテルパーティーと共に出航。 ダンスショーもあり、まさに陽気な 「海の上のイタリア」です。

クルーズ船の上なのに、本格的な石窯は珍しいとのこと。 美味しいピザは、流石、イタリア船です。

アフタヌーンティータイムも楽しみました。海の景色が気持ちよく、ゆったりと時間が流れて行きます。

移動タイムでしたので、サウナはメンテナンス中でしたが、スチーム、ハマム、クールダウンのお部屋や、ジムなどいろいろあり、1日中でも居られる充実ぶり。 エステルームでバンブーマッサージを施術していただきました。 痛気持ち良い!

波の振動なのか、気持ちよく、ぐっすり眠ってしまいました。

 

船長主催のパーティーでプロセッコを頂いた後は、ミシュラン三ツ星を獲得したウンベルト・ボンバーナ氏監修の「リストランテ カサノバ」では本場イタリアの味を、海に沈む夕日と共に楽しみました。

 

モツァレラ フォーム、チェリートマトのムース。

 

手長えびのカルパッチョ。 フォアグラのソテー、ヘーゼルナッツソース。

和牛ソテーの煮込み。 特性ティラミスなど。

 

船上でこれほどのお味が楽しめる事に感激! その後は、エンターテイメント。親切なクルースタッフさんとのコミュニケーションも楽しく、ルンバ、チャチャなどのダンスも楽しみました。

 

夜は、お部屋のテラスで星空を眺めてリセット。 クルーズ船のプールも体験してみました!船に合わせて、波が上り、海水なので浮力も手伝ってぷかぷか波遊び。大人でも楽しいのですから、ちびっ子達はやめられないでしょうねー。 ファミリーの微笑ましい姿を見ているだけで、幸せな気分になりました。

 

まだまだ、カジノなどお楽しみはたくさんあったのですが、全部の体験は出来ませんでした。 また続きはこの次に、ぜひ、乗りたいと思います。

 

 

そして、大連港に着き、2泊3日のクルーズ船が終わりました。
ご招待いただきましたPAVONE様、コスタクルーズ様、ありがとうございました!

https://www.costajapan.com/

 

 

クルーズ船を降りたあと、大連では食べまくりました。 まずはxiaolongkanで激辛火鍋。信じられないくらい辛い! 痛いぐらいです。 でも美味しくてやめられない!

 

   

その後は、人気餃子店の「大清花餃子」で蒸し餃子、焼き餃子、水餃子。 海産物も選んでそのまま調理していただきました。

翌朝には朝からラーメン。

 

大連は高層ビルが立ち並び、活気に溢れた都市でした。 短い滞在時間でしたが、美味な時間に大満足でした。 日本に戻ったら、台風15号。そして、季節外れの暑さです。 まだ、台風も来るようです。 皆さま、どうぞお気をつけてお過ごし下さい。

ラリックグラスで楽しむワイン会を開催しました

ガラス工芸「ラリック」のフランスの新しいオーナーは、有名なワインのメゾンをいくつも持っていらっしゃるそうで、ラリックでも、新たにワインを販売しています。

先日は、ラリック ジャパンの社長様もお越しくださり、7種類のワインをラリック グラスで楽しむワイン会を開催しました。

汐留教室にものすごい勢いでラリックが届き、パーティープロデュース講座の皆さまも一緒に準備。

 

 

ラリックの花器にお花をいけました。皆さま、すごく嬉しそう。ちなみにお値段は、85万円。

安井先生に教えていただき、お花の先生たちがフィンガーフード作り!

 

私も一つ考えてみました。築地から買ってきたタコとウニ。
タコのマリネとシャインマスカットを入れて、上にウニ。そして、飾りにセルバチコと赤いエディブルフラワーをトッピング。


食材を合わせて、組み立てていくのは面白い!
お花をアレンジするのに似ています。

 

早川先生に教えていただき、ワインの準備や、チーズプラトーも出来上がりました。

 

 

色々なスペシャリストが、それぞれの得意を教えて、実りの多い準備の時間でした。

 

 

ラリック と言えば香水瓶。
ディスプレイ コーナーには、シックな胡蝶蘭 ジェイドを飾りました。

 

まずは、ラリック ホテルだけで出されているシャンパーニュのドゥーツで乾杯!

 

ラリックの社長様から、ルネ ラリックのお話や、新生ラリックについてお話していただきました。

 

そして、シャトーラフォリペラゲ 、シャトーフォジェール、 シャトーペビフォジェール、 メゾン ルージュ 、ラフォリペラゲなど、白、ロゼ、赤と早川由紀先生の説明を伺いながら試飲しました。

 

 

ラリック グラスでいただくワインは、どれも魅惑的な味わいで、至福の時間でした。

 

4月から始まった汐留ワイン会。
チーズとワインの講師をしてくださる早川由紀先生のレクチャーは、いつもワインだけでなく、その周りの情景が思い浮かぶような詩的な説明が素晴らしいです。

 

 

そして、貴腐ワインを使ったコンペティションも開催し、盛り上がりました。
参加の皆様のプレゼンも楽しく、どれもレベルが高くてびっくり。

 

杉野さんのカクテルは、ビジュアルが美しく、千洋さんはジャパニーズテイストがおしゃれ!安井さんは金平糖を取り込み、富澤さんはライチが個性的、早川先生はジンを合わせて斬新でした。

 

優勝は、勝沼でワイン醸造をされている内田由美子さんでした。
桃のシャーベットと合わせて、フレッシュな味わい。貴腐ワインに漬け込んだレーズンも効いてました!

 

ラリック ジャパンさんのイベントで皆様に、披露してくださるとのことです。嬉しいですね。

 

 

コンペティションにエントリーの皆様も、楽しそうでした。

 

 

 

汐留でのワイン会、次回は、11月に開催予定です。
贅沢なシャンパーニュ メゾンとのコラボレーションで、秋を楽しみます。

 

 

9月21日(土)11時30分より13時30分まで、汐留教室にてテーブルコーディネートディプロマコースの体験として「ホームパーティーについて」の単発レッスンを受け付けております。

 

ランチ込み12000円です。
ディプロマコースは敷居が高い!不安という方は、ぜひ体験してみてくださいませ。
テーブルコーディネートディプロマコースの詳細は、https://musee.co.jp

夏の終わりは、体調も崩しやすいので、どうぞご留意下さいませ。

 

 

 

 

2020 © Musée