イベント案内

イベント報告

1月19日、中部支部の新年会&作品展が開催されました

1月19日、アルカンシエル名古屋 にて、中部支部の新年会&作品展が開催されました。

理事長 鬼頭郁子先生の開会のご挨拶の後は、主賓の株式会社フォーシーズンズプレス専務
葛原信之様より、当協会の歴史とともに 協会員の一員であることを あらためて光栄に思う
あたたかいスピーチを頂戴しました。

乾杯のご発声は、中部支部 支部長の磯部作喜子先生より。

会場 高砂前には、鬼頭先生始め、磯部先生、滋賀の森先生のテーブルコーディネート作品が展示され、
皆様の憧れ、注目の的でございました。


鬼頭郁子先生「コルシカの一夜」


磯部作喜子先生「リモージュに想いを馳せる早春のオーベルジュのランチ」


滋賀県栗東市「TEA&TABLE Caquetoire」森幸子先生「ビクトリアンティータイム」


金子莉加様「Paris リッツホテルで過ごすアフタヌーンティー」

そして 支部長 磯部先生のテーブルコーディネート講座ディプロマ取得卒業生
9名様の作品が展示されました。(五十音順)


岩井直子様「酵母と巡る旅 ノルマンディーの想い出」


内田都糸子様「大人のバレンタイン」


奥村絢香様「デイジーシリーズで楽しむ大人のバレンタイン」


加藤直子様「シンデレラウエディングをテーマにした式を思い出して楽しむお食事会」


後藤由利子様「華やかな春の訪れランチ」


藤本有香様「バレンタインショコラを楽しむ昼下がり」


古川由佳様「薔薇を愉しむティーテーブル」


松坂由貴子様「主人と5歳の息子に贈る バレンタインおうちディナー」


森井千登勢様「家族でお祝いする10年目の結婚記念日」

想いが伝わる素晴らしい作品を出展された 作喜子先生の素敵な生徒様方です。

ブーケショウは、会場内のスタイリッシュな階段からの登場です。

それぞれに個性溢れるブーケは華やかで、ドレス姿も美しく 素晴らしいショウとなりました。

モデルを務めてくださった皆様も有難うございました。

各ブーケ作者のご紹介です。


愛知県岡崎市「アトリエ ソフィア」鈴木恭代先生


滋賀県彦根市「L’aureole d’ange(ロレオル・ダンジュ)」植田明美先生


三重県四日市市「RUHE HOME(ルーエホーム)」永井梨恵子先生


山本紗矢香様


佐藤綾子様


名古屋市「Mille Grace(ミルグラース)」荒尾千恵子

私事で恐縮ですが、今回 生徒様の出展デビューの機会をいただき、
また次回も出展予定の生徒様に恵まれ、身の引き締まる思いでございます。

アルカンシエル の料理をお楽しみいただきました。

抽選会では、「カレンダー」佐々木友子様、「something old antiques」野田みのり様、
「ルサロンブラン」磯部作喜子先生、「イザベラコンスタンチン」鬼頭郁子先生より
ご協賛いただきました。

鬼頭理事長より 閉会のご挨拶では、名古屋の皆様はもとより、この日 東京、富山や滋賀等、
遠方よりご参加の協会員の皆様へのお心、また、好きなことを通して 豊かな心 愛する心を育み、
あたたかな心の交流の場を大切にされる協会の理念をお話しくださり、お集まりの皆様が
こうしてこの場に居られる幸せを感じ、幸福に満ちたあたたかな会であったと心から感じました。

会に参加させていただく度に、様々な学び、感動を得ることが出来ます。
それは、お花やテーブルコーディネートの素晴らしさ、技術だけではなく、
女性として人としてのあたたかな心配り、親切心、優しさ‥です。
それらが自然にできる女性になりたいといつも思うのです。
そしてその心が、作品に表れるのではないかなと思います。
講師として、技術を提供するばかりでなく、やはり人柄が大事なのだとあらためて思います。
そのためには、こうした会に積極的に参加し、人との関わり合いの中で
学び身に付けて行くものではないかと思います。

次回の作品展も また素敵な皆様、作品を楽しみに、日々精進してまいりたいと存じます。

フレッシュフラワー・プリザーブドフラワー・アーティフィシャルフラワー認定校
「Mille Grace ミルグラース」主宰 荒尾千恵子
http://millegrace.exblog.jp/
Email:millegrace87@icloud.com

イベント報告「西洋美術史とテーブルデコレーション講座」

「西洋美術史とテーブルデコレーション講座」

コンスタンチン ショップで、6月より「西洋美術史とテーブルデコレーション講座」がスタートしました。

第1回目は「ウィーン世紀末 オペラのテーブル」
講義は村松先生のクリムトやウィーン分離派について。テーブルはその時代に創立されたリッツホテルのための「リッツアンぺリアル」でコーディネートしました。

2016061301

東京、横浜の方はもちろん、札幌、福島、富山、大阪、三重など遠くからご参加下さり、受講生の皆様に、自己紹介をして頂いたら、ほとんどの方がいろいろなサロンを開いていらっしゃる方々でした。
「美術史は、教養の一つとして学んでおくべきものです。ヨーロッパに旅行に行ったら、知っているのと、知らないのでは大きな差があります。とくに、サロンを開いていらっしゃるかたは、学んでおいく方が良いですね」と村松先生がおっしゃった言葉にうなずいていらっしゃいました。

西洋美術史講座にも全国から、多くのサロンマダムの皆様がお越し下さり、本当に嬉しいです。

初対面なのに、皆様が仲良くなられて・・・・。また次のレッスンでもお会いするのが楽しみです。

2016061303

伊勢丹新宿店本館5階=リビングダイニングで開催

花を愉しむエレガントテーブル~アビラントの世界~5月20日(水)~6月2日(火)

伊勢丹新宿店本館5階=リビングダイニングで開催されます。
ぜひ、おこしください。
2015041718
「花を愉しむエレガントテーブル~アビラントの世界~5月20日(水)~6月2日(火)」
フランスを代表するリモージュ焼きメーカー「アビラント」フラワー&テーブルコーディネーターの鬼頭郁子氏が、アビラントのアイテムを使い、エレガントな食卓の世界をご提案します。

2018 © Musée