掲載作品

「ベストフラワーアレンジメント」秋号

「ベストフラワーアレンジメント」秋号に、紅葉をバックに7ページ
テーブルコーディネートとフラワーアレンジメントを担当しております。

昨年の11月、金沢東急ホテルの作品展の次の日、新幹線で群馬県入り、お花をかき集めましたが、東京のように、思うような花が手に入らず。。。。
駐車場からアップダウンの厳しい紅葉の谷間に食器を抱えて何十回も往復。足場の悪い所にテーブルを設置するだけで大変でした。それでもカメラマンさんとみんなで黙々と日暮れまで作業、集中力と体力の限界のような撮影でした(笑)

あの時は、大変だったけど、出来上がったページを見て、辛さは吹き飛びました。息を飲むような美しい錦秋です。

撮影場所は、群馬県高崎市の徳明園さんです。
そして高崎の生徒さんにアシスタントしていただきました。
いつもレッスンにいらっしゃる時は、姫のように優雅なケリーさんが、
颯爽とラフな姿でいらっしゃったので、ちょっとビックリ。
この作品写真の九谷焼きの食器は、金沢の鏑木商舗の8代目からお借りしました。日頃から高価なアンティックを扱っているケリーさんと今日子ちゃん。足場の悪いところでの食器の扱いはさすがでした。
お二人には、本当に感謝です。

 

いつも多くの皆様に助けていただいてます。ありがとうございます。
7ページに渡る紅葉アレンジメント。
ぜひ、書店でご覧いただけたら嬉しいです。
ご協力くださいました洞窟観音 徳明園様 本当にありがとうございました。

ケリーさんのブログ http://kellys.shop-pro.jp/

鏑木商舗 http://kaburaki.jp/

洞窟観音 徳明園 http://www5.wind.ne.jp/yamatokuen/

追記 撮影の後は、水上温泉の今日子ちゃんのお家が経営されていらっしゃる「みやま荘」さんでお食事。温泉でぬくもりました。

『テーブルコーディネーターの視点から』

フランス商工会議所さんのフランス企業を紹介する「プロムナード・フランセーズ・ア・トーキョー」に、『テーブルコーディネーターの視点から』と言うコラムを書いています。
 

ご依頼があったのは1月末、ちょうどパリに着いた日で、締め切りは1週間後のパリを発つ日でした。

ヴァンドームのリッツで、いっきに書いて送りました。いつもより、スラスラっと書けたのは、この雰囲気のおかげかなーと思います。
新宿伊勢丹さんの「ボンジュール フランス」で配布されていました。
ぜひご覧くださいませ。(コラム>>PDFダウンロード

2月16日発売の雑誌「ベストフラワーアレンジメント」連載5回目

2月16日発売の雑誌「ベストフラワーアレンジメント」連載5回目のピリオド デザインは、「フェルメールの絵画の世界の花とテーブル」です。

ヨハネス・フェルメール はオランダの絵画の黄金期において、最も傑出した画家の一人です。17世紀、絵画にも良く見られるような花瓶にいけられたオーバルな花スタイルを作ってみました。

そして、嬉しい事に、桜のアレンジメントが今月号の表紙になりました。
アビランドの「ローズセンテフォリア」の、カバー付きのスープ皿に
桜と、濃いピンクのバラを敷き詰めました。
桜アレンジメントも、2ページ担当させて頂いてます。
ぜひ、ご覧くださいませ。
 

【関連記事】
ベストフラワー連載はこちらから一覧できます

2017 © Musée