鬼頭郁子のダイアリー

お健やかな新春をお迎えになられた事とお喜びを申し上げます

お健やかな新春をお迎えになられた事とお喜びを申し上げます。

2021年が、皆様にとって穏やかな、幸多き1年となりますように。
今年も宜しくお願い申し上げます。

2021年のスタートは「25ans」さんの撮影から。(食器のスタイリングなので私自身は載りませんが)

初めて「25ans」さんに載せていただいたのは、遠い昔、お教室をはじめて間もない28歳の時でした。笑
25ansはバイブルだったので、まさに人生が飛躍した瞬間でした。

いまはリシェス、婦人画報の愛読者で、とっくの昔に25ans世代ではなくなりましたが、お世話になり続けありがとうございます。

また年末は、雑誌「パヴォーネ」さんからSDGsについてご自身で取り組んでいる事はありますか?との取材をいただきました。

職人さんの作る良い物は長く手入れして修理してでも大切に使うこと。
祖母から母へ、私から娘へ受け継いで使う食器がある事。

使い捨てに走らず、限りある資源を尊ぶ事。
自分達の出来る事を探して、社会貢献を心がける事。

貧困な国での、女性たちの刺繍や工芸の手仕事をもっと認めて、援助して欲しい事。

などをお話しました。

撮影では、教室を始めた頃に購入したラリックのグラス。こちらは、新生ラリックさんのデザートワインをいただくため、最近の私のお気に入りに復活。

そして、アビランドの古いシリーズの「フローラリー」。
シャンペトルなお花の柄です。どちらも時代を超えて使える逸品です。

パヴォーネさん、1月中旬の発売です。

感染者の爆発的な勢いで、東京をはじめ、他でも非常事態宣言が出ています。

私たちに出来る事は、出来るだけお家にこもって過ごす事。
また、各地で大雪の被害も増えています。

皆さま、くれぐれもご注意、ご自愛下さい。

クリスマスまであと1週間となりました

クリスマスまであと1週間となりました。

先日は、クリストフル青山本店の2階サロンでの「クリストフル×アビランド 季節のおもてなし」にてクリスマスリースのワークショップをさせていただきました。

クリストフルのシルバーの輝きとモミの木の香に癒されて、楽しかったと喜んで頂けました。皆さま、綺麗に作られていらっしゃいました。

食器はアビランドの「リッツ アンペリアル」です。

差し入れにシャンパーニュのツァリーヌをいただきました。クリストフルを飾ったテーブルにピッタリでした。

ご参加ありがとうございました。

また、汐留教室にて、二階堂多香子先生とのコラボレッスンが終わりました。

コロナ禍で海外に行けないので、「お家で世界のクリスマス」をテーマに色々な国のお料理を教えて頂きました。

エッグノッグ(イギリス)、グラブラックス(スウェーデン)、グリークサラダ(ギリシャ)、ゲシュニッツェル(スイス)、マセドニア(トルコ)など、二階堂先生が駐在中に学ばれた本格的なお料理は、どれも美味しく、すぐにお家で活用できます。

モミやヒバでクリスマス飾りも楽しんでいただきました。

これで2020年の汐留教室は、都内での感染者増加を懸念して、当分の間、対面レッスンを中止させて頂きます。
まだ来年のレッスンの予定は有りませんが、最後に無事にクリスマスレッスンができて幸せでした

このような状況の中、安全対策に気を配り、レッスンをして下さいました二階堂先生、ご参加の皆様に心から感謝申し上げます。

福岡のテーブル作品展へ

福岡のヴィビューナム主宰 岩瀬満知子先生の最後のテーブル作品展とお聴きし、感染拡大の不安な中ですが、ギリギリ参加が叶いました。クリスマスをはじめ、気品あるテーブル作品はどれも見応えがありました。


岩瀬先生の「クリスマス 祈りのあとで」

アンティークの統一感が綺麗です。


温かなお人柄の岩瀬満知子先生。
2008年にパリのホテル ジョルジュ・サンクで、輪島塗りとフランスの食器を合わせての日本の歳時記のテーブルコーディネート展の際には、パリまでついてきて下さり、お手伝い下さった事は決して忘れられません。

会場のアクロス福岡のは広く、ソーシャルディスタンスがとれていました。


岩瀬先生の「森の奥の別荘にて」と野見山先生の「光と影のクリスマス」

そして、野見山先生の「18世紀 デカダンス漂うヴェネツィアのクリスマス」カサノバのイメージとは、長いお付き合いですが、初めて拝見する意外な一面が。。。

野見山美奈子先生共催の作品展とのことで、美奈子先生は細やかな気配りで、お仕事をこなされていらっしゃいました。
お2人のお互いを思いやる信頼関係も本当に素敵でした。

また、2018年にアクロス福岡でテーブルディプロマを取られた生徒様の作品がどれも素敵で感動しました。


待鳥奈美子さんの「パリに思いを寄せて家族と過ごすクリスマス」お花はフレッシュフラワー認定校 井上可奈子先生のご指導です。


アーティフィシャルフラワー認定校 森高恵理香先生の「晩秋・婚約をお祝するインフォーマルディナーのテーブル」

会場には、先月アーティフィシャルフラワーのディプロマを習得された生徒様もいらっしゃってました。


田中志麻さんの「美しい日本原風景 紅葉狩りの夕べ」と東京までパーティープロデュース講座を受けに来て下さいました南條紗都美さんの「和のアンティークを楽しむ晩秋の夜長」お花はフレッシュフラワー認定校 井上可奈子先生のご指導です。


作品展でテーブルを作るのは非日常の世界に誘ってくれる夢のような時間。とおっしゃっる河津友子さんの「シシィに捧げるクリスマス」

普段は、阿蘇 小国の代々続く名家で、林業や造り酒屋を日々守る「和の暮らし」の奥様です。
15年近いお付き合いですが、作品展にははいつもヨーロッパをテーマに気品が溢れ、その凄いギャップが楽しい!


実は、福岡作品展の前日に河津さんのところに遊びに伺わせていただきました。

こだわりの日本酒はどれも美味しく、日本酒に慣れていらっしゃらない方には甘口の「花雪」これからの季節は、熱燗でいただく「あきげしき」がおすすめです。

最近、テレビCMで良く見る酒粕パックも河津酒造さんの酒粕です。

河津酒造
https://kawazu-syuzou.com

熊本県 小国も5回目。
食べ物も美味しく大好きなところです。

さて、再び作品展のご紹介に戻りますが、私も小さなテーブルを出展させて頂きました。
珊瑚みずき、リボン、もみの木、ジュニパー、ひいらぎでランナーを作ってみました。


テーマは 星降る聖夜のシャンパーニュ
聖なる夜にキリストのご生誕を祝うシャンパーニュのテーブルデコレーションです。 2021年が不安から解き放たれた平穏な日々に戻りますように・・・・

他にも素敵な作品がいっぱい。

このような時期での開催にご苦労も多かった事と思いますが、検討、消毒などもしっかりされ、個性溢れた華やかなテーブルコーディネート作品を皆様が心から楽しんでいらっしゃる様子でした。

岩瀬先生の福岡のサロンには何度もお邪魔し、旅もご一緒し、楽しい思い出がいっぱいです。

これが最後と言わずに、いつかまた、岩瀬先生とご一緒できます事を願っております。

2022 © Musée