鬼頭郁子のダイアリー

武田正彦さんの写真展

12日から、コンスタンチンショップで、フランス在住のフォトグラファー   武田正彦さんの写真展が開催され、トークショーにはおおぜいの方がお越し下さっています。モノクロの武田さんの写真は、フランスそのもの。。。。。風の薫りや、光まで感じる魅力あふれる作品ばかりです。
特に700年持つと言われるプラチナ プリントは奥深く、いつまでも眺めていたくなるほどです。

2014102201 2014102203

2014102200

トークショーで、武田さんの作品説明を伺いながら拝見すると、より一層、写真に引き込まれていきます。
26日まで開催しています。
ぜひ、コンスタンチン ショップでご覧下さい。

武田さんとの出会いは11年前、「鬼頭郁子が訪ねるフランスの花とテーブル」の本を撮っていただいたのがご縁です。
どこの出版社さんからも、引っ張りだこで大忙しの武田さん。
すごく偉い方なのに、とても気さくに接してくださいます。
10日にパリから帰って来た武田さん、11日は朝から夜まで、コンスタンチン ショップで写真展の設営。
12日は終日お客様をお迎えして、トークショー。
そのあと、写真展開催のお祝いということで、リストランテ ヒロ チェントロさんがお食事会にご招待下さいました。

2014102204 2014102205

武田さんは時差ボケも、寝不足も感じさせず、タフで穏やかでにこやか。
今回このようにご一緒させていただいて、とても光栄でした。

 

15日は日本橋三越はじまりのカフェにて、「5分でマスターするテーブルコーディネート術 15のアイデア 」のデモンストレーションでした。
一つ一つアレンジメントを作る度に、皆さん撮影したりメモを取ったりと熱心に受講してくださいました。

2014102206

クリナップ ドリーミアサロンの窪田さんもアシスタントをして下さり、本当にありがとうございました。
自分では撮影出来ないので、窪田さんからお写真いただきます♡

アンケートにもうれしいお言葉が一杯でした。
お越し下さった皆様、ありがとうございました!

17日は郡山でのお花のレッスン、そして18日は、テーブルコーディネートレッスンでした。
モダンテイストのアフタヌーンティーを楽しむ「SCOTTISHI TEATIME」に、いわき市や福島市などから30名近い方がご参加下さいました。
郡山にレッスンに伺うようになって3年半、知らないうちにこんなに生徒さんの輪が拡がっていたことにびっくり!
とても感激しました。

2014102207 20141022071
2014102211

同窓会のようなティーパーティー。

 

開成 紅茶館の加藤さん、準備に大変だったと思います。
本当にありがとうございました。

2014102208 2014102210

2014102209

東京、名古屋、郡山と、3箇所でさせて頂いたこのレッスン。
どこでも、この赤のガラス皿が人気でした。
ご希望が多く、コンスタンチンショップに入荷しました。
1枚 1500円(税別)です。数に限りがありますので、お早めにおもとめくださーい。

 

次の単発レッスンは、11月26日 ・28日・12月13日(東京)12月2日 3日(名古屋)

「お正月のテーブルコーディネート」レッスンを予定しております。また詳細をお知らせします。
今年最後の単発のテーブルレッスンです。
どうぞ、よろしくお願いします。

オリジナル漆器 お披露目会

銀座の私のセレクトショップで、オリジナル漆器のお披露目会をしました。
黒とシルバーのリバーシブルで、和の器にも、フランスの器にも良く似合います。

2014100101 2014100102

1日目は中村奈津子先生に、秋の収穫を祝う、お料理のミニレッスンをしていただきました。お野菜たっぷりの柿ナマス、鴨ロース、栗茶巾など、和のテーブルコーディネートにぴったりのお料理でした。
どれも美味しく、流石です。
なますもサラダ感覚でいっぱいいただけます。お越しくださいました皆様も大喜びです。
素敵な奈津子先生、ありがとうございました。

2014100104

2014100105

お披露目の2日目はパリから、アビランド のPRマネージャーがいらっしゃいました。
パリのアビランド ブティックにここ最近、日本人が雑誌「ヴァンサンカン」さんで、私がテーブルコーディネートしたこのページの切り抜きを持って来ているそうです。「ブラジル」と言う食器です。

2014100106

反響があって、テーブルコーディネーターとしては嬉しいです。

そしてまた漆器の話に戻りますが、オリジナル折敷は、漆を塗っているにもかかわらず、価格が安い訳をお話ししましょう。
使用しているのはもちろんプラスティックなどではありません。
実は板はリサイクル。お椀やお重箱などの木地を作る時には、ものすごい量の木の粉が出ます。

2014100107

良質な木材の粉を固めて作っていますので手頃なお値段なのです。
漆器は、汚れたら洗剤で洗っても大丈夫。(スポンジの硬い方でなく柔らかい方を使ってね)
洗ったら、乾いたふきんで拭いて下さい。けっこう丈夫なんです。
1枚敷くだけで、食卓が華やぎますよー。

 

さて、先週の金沢の続きですが、研修2日目は、懐石の名店 「つる幸」さんへ。

このランチ会は、雑誌企画なので、研修旅行とは別にご参加頂けるので、東京はもちろん、奈良、富山、新潟などから多数ご参加頂きました。

店主 河田康雄さんの、季節と郷土の食材にこだわったお料理、素晴らしかったです。
特に八寸の「毛蟹茶碗蒸し 蟹味噌シャーベット」「トリュフさつま揚」お造りの「甘海老ラー油」「能登牛赤出汁」香物の「リンゴ」にビックリ!不思議な感じもしましたが、新しい味の発見に驚きの連続でした。楽しませて頂きました。

2014100108 2014100109 20141001102014100111

この様子は、雑誌「美・プレミアム」12月発売号でご紹介します。

楽しかった金沢研修!ご参加下さいました皆様、本当にありがとうございました。
また、金沢に行きたいです。

そして、先日、美容院で雑誌をペラペラってめくってたら「銀座  三原小路」の文字が。。。。
コンスタンチン ショップの看板が写っていました。
「STORY」こんなところで撮影していたのかぁ。。。。
ちょっと嬉しく思いました。

20141001122014100113 2014100114

 

楽しかった金沢研修旅行!

9月19日から2泊3日で、「加賀の伝統工芸と優美なおもてなしを極める研修旅行」をいたしました。

いしかわ観光特使でもある由紀ちゃんのおかげで、素晴らしい充実の日々となりました。

スタートは、金沢の人でもうらやむほどの予約が取れない「小松 弥助」さんのカウンター貸切!

2014092304

全国の憧れ「伝説の寿司職人」84歳の弥助さんのお寿司です。贅沢。。。。

小さいころから弥助さんのお寿司で育ったという由紀ちゃんのおかげです。

吟味された材料と丁寧な仕事。

「オッチャンはなぁ・・・」って由紀ちゃんに話しかける弥助さんでした。

すごいお寿司屋さんなのに、山本長佐さんの高価な器で提供されるのに、緊張もせず居心地が良いのは、物事を極めた人の余裕が、そうさせてくれるのでしょうか・・・

2014092302

(テーブルコーディネートの生徒さんのために補足)

山本長佐氏は宮内庁より依頼を受け天皇・皇后両陛下御紋入器を制作。

即位の礼に使用の全和食器の菊花を制作された九谷焼の作家です。

お湯呑は、大樋窯さんでした。

2014092305

2014092301

こんなネギトロ巻食べたことがない!すべてがあまりの美味しさに悶絶!

また行きたいお店NO1です。

 

ランチの後は、兼六園と成巽閣へ。

秋晴れの気持ちのよいお天気でした。

2014092306

そして大樋さんへ。京都の裏千家の始祖・四世仙叟宗室居士と金沢に同道し、加賀のお茶文化の基礎を築いた長左衛門さんの窯元です。

大樋年雄さんの奥様が、350年の歴史を美術館で説明してくださり、その後お茶室へ。

2014092307 2014092308

お菓子の器も全て、素敵でした。

2014092309

美味しいお茶をいただき、器一つ一つを眺めました。

手に取ると、その良さが、自然の温もりが伝わってきます。

「じつに、いいですなぁ・・・・」この前伺った時の10代目大樋長左衛門さんの真似をしてみました!

2014092310

つぎは、九谷焼のお勉強。

武家屋敷の鏑木商舗さんに伺いました。風情ある和風建築のお店です。

http://kaburaki.jp/

1822年創業の8代目が九谷焼の説明をしてくださいました。

2014092313

九谷焼は、呉須で線描きし、「五彩」とよばれる、赤・黄・緑・紫・紺青の5色での絵の具を塗る彩法で、絵柄は山水、花鳥、など絵画的な上絵付けがされています。

作られる地域が広く、若杉窯、吉田屋窯、宮本屋窯、小野窯、松山窯などがあり、作風はいろいろあるそうです。

歴史的な九谷焼を見せていただいた後は、お買い物タイム。

どれも素敵なのですが、私は三井為吉さんの作風が好きで、今回は急須とお湯呑の茶器揃えを購入しようとしたら5客でしたので、「お湯呑は6客欲しいなぁー」っと言ったら、8代目が「じゃあ、新たに作ってもらうからちょっと待って!」って。

オーダーして、作っていただくことになりました。出来上がりを待つ喜びも楽しいですね。

2014092311
http://kaburaki.jp/store/archives/5929

その後、加賀野菜鍋をいただきました。

2014092314 2014092315

金時草、太きゅうり、加賀レンコンのお団子、すだれ麩などとても美味しかったです。

2014092312

そのあと、鏑木さんと一緒に西の茶屋街へ。

芸妓さんに目の前で踊っていただきました。

艶っぽくて、しっとりとしていて、お着物も綺麗。。。。

地方(三味線と歌)さんもお上手でした。

2014092317 2014092316

翌日の20日から「金沢踊り」という事でした。

お座敷での遊びも教えていただきました。初めての学びっていろいろあるんですね。。。

2014092319 2014092318

金沢の九谷焼の老舗の鏑木さんがいらしたので、楽しく遊べました。

ありがとうございました!

2014092320

金沢の長く濃い1日目は終わり、2日目は「つる幸」さん「かよう亭」さん、そして山中漆器と続きます。

続きはまた来週・・・・

すっかり秋になりました。肌寒い夜もありますので、皆様、風邪をひかないようにお過ごしください。

2017 © Musée