鬼頭郁子のダイアリー

一人旅でパリへ来ています

先週から、一人旅でパリへ来ています。
暑いです。
カニクール(猛暑)です。

今回のパリ旅は、ボナパルト家の栄華を巡ります。
また、アルザス地方のコンフィチュールの妖精と言われ、世界中から絶賛される、パティシエール、クリスティーヌ フェルベールさんを訪ねます。

今回、ホテルはいつもと違うエリア。
凱旋門のすぐ近くをとりました。

 

まずは、令和になってすぐにひょっとしたご縁で知り合ったナポレオン家と深い関係をもつ、コルシカの名門貴族のアンリさんがマルメゾン城などを案内してくださいました。

いつも、ロココとかネオクラシカルばかり見てきたけど、アンピール様式も素敵です。

マルメゾン城は、1799年、ナポレオンがいない間にジョセフィーヌが勝手に購入し、ナポレオンが激怒したというのは有名な話ですが、それでも
ナポレオンは当時のお気に入りの建築家 ペルシエや、フォンテーヌに命じて、マルメゾン城を見違えるほど美しく改修工事をしたと言われています。
ベルサイユ宮殿に比べたら、全然、コンパクトですが、どこも美しい装飾です。

ナポレオンの書斎です。

ジョセフィーヌの亡くなった部屋です。
もう離婚していましたが、亡くなった後、ジョセフィーヌの部屋を訪れたナポレオンは、この部屋で涙したそうです。

やはり、ナポレオンは、ジョセフィーヌを愛していたのですね。

また、マルメゾン城には、バラの庭園があり、品種改良などに力を注いだジョゼフィーヌの功績は、素晴らしいものでした。

ジョセフィーヌの亡骸をおさめている教会です。

マルメゾン城があるパリ近郊リュエイユ=マルメゾンは、すごくおしゃれな街でした。

 

お金持ちが住んでいる街らしく、ブーランジェリーも、カフェもナチュラルなのですが、洗練されています。週末は、賑やかで、日本でいうと鎌倉みたいなイメージでした。

 

2016年、フランスで一位になったパテ ド カンパーニュのお店を見つけました。

(翌朝の、早朝のアルザス行きの電車の中で、東駅で買ったポールのパンと一緒に食べました。流石、美味しかったです。)

アルザス行きの前に、フェルベールさんにプレゼントするお花を買いに、ジョルジュ フランソワさんのお店へ。

パリに来る時は、いつもお世話になっています。
優しいジョルジュさんと智子さんと。

パリのご紹介、まだまだこれから続きます。
マルメゾン城までは、パリから、タクシーで20ユーロ。近いのですぐに着きます。
ぜひ、オススメです。
■ Musee national du chateau de Malmaison
住所:Avenue du chateau de malmaison, 92500 Rueil-Malmaison
http://www.chateau-malmaison.fr/(仏語)

 

銀座のFENDI様でアフタヌーン パーティのコーディネートをさせていただきました

銀座のFENDI様で、アフタヌーン パーティーイベントが終わりました。

3階のVIPフロアで、アミューズやスィーツ、フランチャコルタ、ハーブドリンクなどを召し上がって頂きながら、イタリアンマダムの午後をイメージしたお花やパーティーコーディネートのミニセミナーをさせていただきました。

 

FENDI ブティックに置かれていたイタリアの大理石のテーブルとパーテーションからイメージを広げて、グリーンを基調に、ナショナルカラーの赤を挿し色にコーディネートしました。

素敵なゲストの皆様とFENDIの毛皮も楽しみました。
FENDIの歴史や、ピーカーブーのご紹介など、FENDIの魅力いっぱいのラグジュアリーな時間でした。

お手伝いくださいましたパーティープロデュース講座を受けてくださった淑子様、エリカ様、綺麗なフィンガーフードを作ってくださった安井様、ありがとうございました。

 

また、今週は予約制で、マンツーマンのテーブルレッスンでは、先日は札幌からお料理の先生がいらっしゃいました。お尋ねは、少ないアイテムで1年間の和食のレッスンカリキュラムのテーブルコーディネート。そして、和モダンで上級な色合わせ方法でした。

レッスンメニューや、お教室のインテリアなど拝見しながら、組み合わせていきます。テーブルコーディネートにハマりそう!との事。楽しんでくださって良かったです。

いつもお伝えしているのですが、テーブルを作るのには、たくさんの食器はいらないのです。
コーディネート力を身につけるのが大事です。
今まで自己流だった方も、テーブルコーディネートの組み立てや、色合わせ、素材合わせ、表現方法がわかるレッスンです。
【レッスン1】60分
テーブルのコンセプトの立て方。イメージの膨らませ方。
【レッスン2】90分
実際にテーマに合わせて食器をならべ組立ます。色、素材、高さ、格などの統一や調和を考えます。
【レッスン3】90分
配置、演出などを考え、アレンジメントを加え、テーブルを完成します。
レッスン代は27000円(税込)
場所:汐留教室
日時は、ご希望をお伝えください。遠方からの方は、まとめてのご受講も可能です。

月1回コースは、アフタヌーンティーのテーブル。
紫陽花の季節なので、紫陽花とピオニーをアレンジしました。

 

そして、14日からイタリアを代表するラグジュアリー家具ブランド ポルトローナ・フラウ青山さまにて、6月19日までアーティフィシャルフラワーを飾らせていただいております。

どの椅子も優美なデザインでまさに家具の芸術。マセラティ、フェラーリなどのレザーシートにも使われている最高級の革は、180色の中から選べるそうです。

アーティフィシャルフラワー認定校の皆様の作品も素敵です。
素敵なショールームにぜひ、お立ち寄り下さい。
ポルトローナ・フラウ
https://www.idc-otsuka.jp/poltrona-frau-tokyo-aoyama/

 

公式サイトでもご紹介下さりありがとうございました!

私もインスタグラムで、日々のレッスンや、綺麗な物、素敵な物をご紹介しています。

ぜひ、ご覧下さいませ。

 

「フランス宮廷マリーアントワネットの花とテーブルー」を仙台で開催

先週は福岡のあとすぐに仙台へ。

「フランスの宮廷文化 マリーアントワネットの花とテーブル」を森久美さんのサロンで開催させていただきました。

マリーアントワネットがヴェルサイユ宮殿で使用したヒストリーデザインの食器。皆様にはアーティフィシャルでお花をアレンジしていただき、マリーアントワネットの時代の食卓や現在にも通じる貴族のマナーなどのお話もさせていただきました。

ヴェルサイユの王の菜園で採れた果実とバラのアロマがブレンドされた、「レ ドゥーズ ド ヴェルサイユ」や、ニナス マリーアントワネットティやマカロンでのティー タイムをお楽しみいただきました。

昨年のパリ研修でのヴェルサイユ宮殿や、王の菜園のお話や、前回のブルボン家のお城で学んだ貴族のマナーなどのお話を、楽しそうに聞いて下さり、「あっと言う間だった」「もっと聞きたい!」とのお言葉もたくさんいただきました。皆様がおつくりになったお花を飾ると、可愛い、可愛いとの歓声が上がり、ずっと撮影タイム。

喜んでいだだけで良かっです。
仙台滞在時間5時間でしたが、今度はゆっくりと。
ご参加の皆様、ありがとうございました。

 

そして、今週は、花・芸術文化協会の認定校の乾衣里先生の記念すべき第1期フレッシュフラワーディプロマ生のディプロマ授与を、ルレ・エ・シャトーにも加盟されていらっしゃる日本料理 の名店柏屋さんにて開催させていただきました。
https://jp-kashiwaya.com/senriyama/

 

柏屋さんの女将にお願いして、特別に、ディプロマ生で紫陽花を飾らせて頂きました。

季節の食材が彩られたお食事はどれも美味しく、皆様で堪能しました。

 

 

最後のお菓子は、この日の紫陽花に合わせて特別に作ってくださいました。

 

 

そして1年半に渡ってお花を指導された乾衣里先生、場所を提供してくださいました、神戸お稽古サロンの森千文様、本当にありがとうございました。

 

 

 

千文ちゃんなダイアリーで、素敵にご紹介いただきました。ぜひ、ご覧下さいませ。

https://ameblo.jp/mieee888/

 

2019 © Musée