鬼頭郁子のダイアリー

パリに「アビラント」との打ち合わせに行って来ました

パリに「アビラント」との打ち合わせに行って来ました。
パリでは、今度の三越の事や、ブライダル用のギフトボックスの依頼や、新作の注文などいろいろ相談でき、有意義な時間でした。
2017012601

今回は、アジア担当の部長のブリジットさんにもお会いでき、「出来る限りの協力はします」と言ってくれました。
2017012602

パリの「アビラント」本店の目の前は、クリストフル、ラリック、ベルナルドなど、ハイエンド ブランドが立ち並びます。
コンコルドからマドレーヌに続く、とってもいい場所にありますよ。
2017012603 2017012604

 

新作の発表会でしたので、オーナーのマダム パリアントも、社長も皆様、勢ぞろいでした。世界中の代理店が、集結して集まる期間なのですが、私が訪ねたのは最終日でしたので、打ち合わせは私だけでした。
私が、日本での独占販売を契約して2年。
アジアでは、台湾、香港、韓国、シンガポール、マレーシア、タイ、そして日本(私)の7名で、私が一番の新山者です。他の国の方は、もう10年以上のようでした。
2017012605 2017012606

新しい商品が並んでいました。
今まで、販売はしていませんでしたが、生徒さんを連れてのパリ研修では、いつもこのブティックに伺っていましたし、パリでの花とテーブルの作品展には、アビランドのオーナーのマダム パリアントが来て下さったり、私の本にも出て頂いたので、マダム パリアントが笑顔で近くにいて下さったので、少し気がラクでした。
2017012607

アビランドの新作「ボナパルト」はナポレオン1世を生んだボナパルト家のために作られたデザイン。薄い水色も、金彩のデザインもとっても素敵です。
ショーウィンドウのデコレーションは、エミリオ ロバ氏でした。
1864年設立のアビランド。今回の新作は、古く、豪華な時代を思い起こすようなデザインでした。

アビラントのホームページはこちら
http://haviland.fr/
世界のアビラントのブティック案内に、うちのショプが載っています。

今回は、メゾン エ オブジェも目的の1つでした。テロ以来でしたので、2年ぶりに行きました。ナチュラルで、民族調なものが多かったです。
今回はアビランドも出展していなかったのですが、バカラ、クリストフルなど、いつも大きく場所をとっていたグラン メゾンが出展していなかったです。各メゾンでの招待客のみのクローズされた新作発表会が多かったみたいです。
ブースは小さいのですが、色々な国の最新な物を、世界に発信したいという夢を求めて出展している若い方々が多く見られて、少しメゾン エ オブジェの雰囲気が変わって来たように思います。
2017012608 2017012609

2017012610 2017012611

ガルニエで、新作のクロスを購入しました。
2月8日からの三越のアビランド フェアに間に合うように送ってくれるとのことです。楽しみです。

2017012612 2017012613

 

今回は、パリは仕事でしたので、お食事は、毎回カジュアルでした。
やはり、パリはまだタパスが流行っているようで、タパス屋さんにも行きました。
2017012614 2017012615 2017012616
タパス盛り合わせランチ。南仏のシェフということでしたが、
味付けは中近東っぽい!

フランスのご報告はまだ、続きます。
今日、帰って来たので、これから週末の東京ドームの搬入の準備です。


 

 

 

遅くなりましたが、今年初のダイアリーです

遅くなりましたが、今年初のダイアリーです。

今年は、訳あってプリザーブドフラワーのレッスンからスタートしました。

久しぶりに、ディプロマ集中講座をさせて頂きました。

2017011901
受講下さったのは、皆様、すでにお教室を開講されている方が多く、プリザーブドの技術というより、色合わせ、テクスチャーの組み合わせ、最後の仕上げのポイントなどを、お伝えさせていただきました。

また、家庭画報さんの今月発売号に、二ナスさんとのコラボレーションのプリザーブドのボックスアレンジメントのプレゼントもあり、名古屋にて、ギフトボックスアレンジメントのレッスンも開催しました。
2017011902

2017011904

家庭画報さんでは、通常版と、縮小版の両方に、2名様づつ、
4名様にプレゼントです。
二ナスさんの、マリーアントワネット オリジナルティー。とっても良い香りで、美味しいですよ!
2017011905

そして、汐留教室のレッスンは、テーブルコーディネートディプロマコースからスタートしました。
2017011908

今まで、アシスタントをしてくれた表洋子ちゃんも、三越さんの講座や、雑誌のコラム、クリナップさんでは企業さんのセミナーなどを、一躍売れっ子ちゃんになり、とっても嬉しいです。これからの活躍が楽しみです!
今年からは、洋子ちゃんに変わって、石嶋チナちゃんが、アシスタントをしてくれます。
2017011907

チナちゃんは、つくば市でお料理教室をされています。
本当は、和食が得意なのだそうですが、いつもフェイスブックでアップされているお肉系のお料理が、魅力的で。。。。。
以前、「チナちゃんの、パテ ド カンパーニュが食べたーい」って言ったら
持ってきて下さいました。めちゃ美味しかったです。
先週は、私の「モロカンサラダがあると嬉しいなー。」と言う希望や、中近東のイメージに合わせて、レッスンのテーブルに、お料理を並べてくれました。

2017011909

来月の「ヴァレンタイン テーブルコーディネート レッスン」では、キュートなランチとデザートをお願いしました。
私の「あーしてこーして、あんな感じで、こんな感じで、お皿はこれに、
こんな感じで、盛り付けはこれを使って欲しいの」と言う、訳のわからない説明にも一生懸命耳を傾けてくれて。。。。。
洋子ちゃんもチナちゃんを応援して来れて、本当に皆様に感謝です。
チナちゃんのお料理教室のホームページはこちらです。
https://casadicina.amebaownd.com/

そして、昨日は「ベストフラワーアレンジメント」さんに連載中の「ピリオド デザイン」の撮影がありました。
2月16日発売号は、オランダのデルフトを使って「フェルメールの食卓」を作りました。パロットチューリップと、「デルフトブルー」と言うヒヤシンスも使いました。
撮影後は、すぐにパリへ。コニャック地方と、パリでのアビランドの新作発表会、そして、メゾン エ オブジェです。ホカロンいっぱい持ちました。
また、お知らせさせていただきます。
今年もよろしくお願いします。

関西支部テーブルコーディネートディプロマ習得5期生の卒業作品展をさせていただきました

神戸ハーバーランドホテル ラ・スイートにて、 テーブルコーディネートセミナー「花とキャンドルに彩られたエレガントなクリスマスパーティーとおもてなしのアイディア」&関西支部テーブルコーディネートディプロマ習得5期生の卒業作品展をさせていただきました。

今年で5回目のこのイベントに、千恵子さんが素敵な写真を撮ってくださいました。

2016123101

クリスマスブッフェパーティーを愉しむエレガントな花&キャンドルデコレーションと、おもてなしのアイディアのデモンストレーション。

2016123102

テーブルデコレーションには、アビランドの「オー コアン ドゥ フォー」を使用。

Christmasにピッタリな大好きな食器です。

2016123103 2016123104

今年は、王道のクリスマスカラーでコーディネート。球根付の白のムスカリがポイントです。

2016123105

乾杯は、苦楽園クラスでお世話になったマロン先生

2016123106

「ラ・スイート神戸」特製クリスマスランチ

2016123107

 

関西支部を代表して、フレッシュフラワー認定校の衣里先生&北野先生にミニセミナーをお願いしました。大爆笑のセミナーでした。

2016123108 2016123109 2016123110

関西支部テーブルコーディネートディプロマ習得5期生の皆様の卒業作品。

 〈ロマンティックチーム〉

2016123111

2016123112 2016123113

 

〈エレガントチーム〉

2016123114

2016123115 2016123116

 

〈モダンチーム〉

2016123117

2016123118 2016123119

 

関西支部 支部長 マロンちゃんこと池田麻里子先生 サプライズの花束の感謝です。

2016123120 2016123121

 

各テーブル毎に記念撮影。

2016123122

そして、ディプロマ授与式で会は締めくくられました。皆様お疲れ様でした。

ありがとうございました。

2016123123

2016123124

関西でのディプロマコースは、ひとまず今年で終了ですが、今後とも単発レッスンなどを

開催させていただきます。今後とも宜しくお願いします。

フレッシュフラワー・プリザーブドフラワー認定校「Mille Grace ミルグラース」主宰荒尾千恵子様素敵なお写真をありがとうございました。

http://millegrace.exblog.jp/

 今年もお世話になりました。コンスタンチン ショップは12月26日-1月9日まで、お休みさせていただきます。
2017年1月10日より営業します。どうぞ、よろしくお願いいたします。
皆様、良き新年をお迎え下さい。

2017 © Musée