鬼頭郁子のダイアリー

「西洋美術史とテーブルデコレーション講座」がスタート

コンスタンチン ショップで、6月より「西洋美術史とテーブルデコレーション講座」がスタートしました。第1回目は「ウィーン世紀末 オペラのテーブル」
講義は村松先生のクリムトやウィーン分離派について。テーブルはその時代に創立されたリッツホテルのための「リッツアンぺリアル」でコーディネートしました。

2016061301

東京、横浜の方はもちろん、札幌、福島、富山、大阪、三重など遠くからご参加下さり、受講生の皆様に、自己紹介をして頂いたら、ほとんどの方がいろいろなサロンを開いていらっしゃる方々でした。
「美術史は、教養の一つとして学んでおくべきものです。ヨーロッパに旅行に行ったら、知っているのと、知らないのでは大きな差があります。とくに、サロンを開いていらっしゃるかたは、学んでおいく方が良いですね」と村松先生がおっしゃった言葉にうなずいていらっしゃいました。

西洋美術史講座にも全国から、多くのサロンマダムの皆様がお越し下さり、本当に嬉しいです。

お稽古は人が集い、自他ともに幸せで、豊かな時間を過ごす場所です。
お教室の運営や人間関係で、楽しいはずのサロンが苦痛で、辛くなってしまう方も多く、
悩みが尽きないという事を伺い、今までの経験のすべてをお伝えできたらと思い下記の講座を開講します。生徒さんでなくても、どなたでも、受講いただけます。
これからお稽古教室を開きたいかたは、ぜひいらして下さい。

関西は苦楽園で、7月13日、東京銀座は7月31日。そして、名古屋も追加になりました。
9月5時日の11時から、場所は決まり次第、お知らせします。

2016061303

「幸せを導くサロンマダム講座」
理想のサロン作りのためのコンセプトの立て方、レッスン方法、カリキュラムの立て方、経営のための数値化(マネージメント)
PRや集客方法、企画力、プレゼンテーション術、そして自分を輝かせるサロンの持続力、コミュニケーション術をお伝えします。

( 関西) 7月13日(水)10時30分~12時30分/ 1時30分~3時30分
場所 :西宮市 苦楽園 ショップM 受講代: 8500円
(東京) 7月31日(水) 1時~3時
場所 中央区銀座5-9-18三原小路入る
イザベラ コンスタンチン ショップ5階サロン
TEL:03-6280-6110 受講代: 8500円
お申し込みはinfoにメールにてお願いします。

2016061304

そして、先週は、紀尾井町「吉祥」さんで会席マナーの会。
一般社団法人「日本プロトコール&マナーズ協会」の松田玲子先生に、襖の開け閉て、箸づかい、お椀、懐紙の使い方などを教えていただきました。

松田先生、ありがとうございました。
お写真を撮って下さった荒尾千恵子さん、いつもありがとうございます。
お料理も美味しかったです。
また秋頃、開催させていただきたいと思います。
どうぞ、よろしくお願い申し上げます。

2016061305

2016061306

2016061307

 

名古屋で花・芸術文化協会のフレッシュフラワー ディプロマコースがスタート

5月から第4火曜日に名古屋で花・芸術文化協会のフレッシュフラワー ディプロマコースがスタートし、初回は講師をさせて頂きました。
名古屋で、お料理教室主宰の磯部さき子先生に、ケーキを持参していただき、贅沢なレッスンとなりました。

2016060202
2016060201

2016060203

ランチは皆様と四間道レストランで美味しいフレンチを楽しみました鬼頭先生♡作喜子先生♡原先生♡千恵子先生♡ご一緒させて頂いた皆様♡幸せなひと時を、あ単発参加もOKということなので、ご興味ある方、ぜひ。

第1回目はBOXアレンジメント。
アレンジメントは初めての方が多かったのですが、皆様楽しそうに可愛く作ってくださいました。
アシスタント講師は、原こずえちゃんと荒尾千恵子ちゃん。
次からは2人が先生として、この講座をします。私は、9月12月を担当させて頂きます。

お花のレッスンの後は、四間道レストランMATSUURAさんでランチ。
スペシャリテはテリーヌ。
「夏野菜&初鰹のテリーヌ」

 

2016050401

美味しかったです。
そして、東京では「和」の学び。。。。。

 

お茶の頂き方だけでなく「襖の開け方」など、大人の女性として当たり前に、知っておくべきことはいっぱいあります。お道具や、御軸や、お花の知識も学びましょう。日本文化はじつに、素晴らしいですね。

2016060204

2016060205


2016060206
竹田先生、ありがとうございました。

そして先日は、Christofle x HEINZ BECK スペシャル ディナーに伺いました。
ハインツ ベック氏がクリストフルのジャルダン エデンをイメージしたお料理の数々。「青りんごのグラニータと海の幸」ミント味のタピオカに甘海老とキャビアが浮かんだ「水の庭園」など、ブルーやグリーンで描かれ、絵画のような美しさでした。
20160602011 

20160602072016060208 2016060209

20160602010

 

とっても素敵な一夜でした。
このイベントを、美プレミアムWebサイトでアップしました。
http://bi-premium.com  こちらを開いて、ライフスタイルを開いて下さい。
下の方に「美セレブ サロン」のがあります。
そこのIkuko Kitoのページでご覧くださいませ。

そして、美セレブサロンのブロガーさんの記事もぜひ、ご覧くださいね。
素敵なご案内ばかりです。そうです。うちの生徒様たちなんです。
皆様、もともと人気ブロガーさんや、キュレーター、原稿も書ける方ばかりで、ご紹介させて頂いたら、美プレミアムの編集さんも、感心されていました。

20160602012

「国際バラとガーデニング ショー」にてテーブルアレンジメントのデモンストレーション

5月13日から18日まで、西武ドームで開催された第18回「国際バラとガーデニング
ショー」にてバラを使ったテーブルアレンジメントのデモンストレーションをさせていただきました。
西武ドームはバラマニアですごい人出*❗*後ろの席の方まで、おおぜいのバラ好きの方がご覧くださいました。

2016051901

「国際バラとガーデニングショウ」の企画、運営はNHKさん。
「朝イチ」に出演させていただいた時にお世話になったスタッフさんでしたので、心強かったです。

2016051903 2016051904

3時からのデモンストレーションでしたが、11時にアシスタントのやっちゃんと千恵子さんと会場に到着。
お花をいけて、お弁当をいただいて、1時30分から、ステージでテーブルの準備をしました。
いつも、センターピースに並べるお花の位置が、なかなか対称にならないのに、今日はピッタリ!
スタッフさんがテーブルの上を細かく図り、テーブルクロスにあらかじめ、
透明テーブでお花の位置を貼ってくださいました。さすがテレビ局さん。

2016051902

(インカムは目立たない肌色で、ミュージカル用のマイクだそうです)
今更ですが「そうか!これからは、こうすればいいんだ!」ってやっちゃんと納得しました。

 

ところで、今年の「国際バラとガーデニングショー」は“Parisパリ”。
「ジョゼフィーヌが愛したマルメゾン城 バラの館」では、ナポレオン皇妃ジョゼフィーヌが愛したバラが、
迫力で展示されていました。
2016051905

宮廷画家ルドゥーテが描いたバラ図譜が展示され、また「クリスチャン・ディオール 香りの庭」では、彼が
幼いころから晩年までを過ごした庭が再現されていました。
バラ好きにはたまらない、盛りだくさんの内容でした。

 

実は私がデモンストレーションで使用したバラは、京成バラ園さんが、手配してくださった新種のバラばかり。。。。
デモンストレーション3日前に、まとまって届くのかと思いきや、選んだ15種類のバラが、岡山県から、静岡県から、
群馬県から、愛媛県から、滋賀県から、愛知県から、埼玉県から、全国の生産者様から、宅急便がどんどんやってびっくりしました。

2016051906
珍しい色や形、麗しい香りを楽しめ、バラは本当に奥深いものだと改めて思いました。
このような良い体験をさせていただき、感謝です。
デモンストレーション当日はあいにくの雨でしたが、見にきてくださった皆様、
そしてアシスタントちゃん、写真をとってくださった千恵子ちゃん。
ありがとうございました。
2016051907 2016051911

また、先週は郡山でプリザーブドフラワーのレッスンをさせていただきました。
「マリーアントワネット」がテーマでしたので、爽やかなブルー系のミニブーケを作っていただき
そのあと、実際にベルサイユ宮殿で使われていた矢車草の食器と合わせてコーディネートをしました。

2016051908

2016051909

36名もご参加下さり、主催の糠澤律子先生、ご参加の皆様、ありがとうございました。
とても楽しかったです。また、伺いますね。

2016051910

そして、今週から、苦楽園で、テーブルコーディネート ディプロマコース第5期が始まります。
新しい出会いが楽しみです。

2017 © Musée