鬼頭郁子のダイアリー

6月から磯部先生のサロンでテーブルデザイン講座がスタート

6月から名古屋のル サロン ブラン 主宰の磯部先生のサロンでテーブルデザイン講座がスタートしました。
1回目は、テーブルコーディネートにおけるコンセプトの立て方。イメージの膨らませ方など。テーマは、初夏の爽やかなガラス器の組み合わせ方。簡単なテーブルコーディネートのラフ画の書き方もレクチャーさせていただきました。

 

また、ランチには夏らしくランを飾りテーブルコーディネートをデモンストレーション。
リゾート感があり、それでいて都会的なコーディネートをにしました。

 

フレンチエスニックなランチを磯部先生が作ってくださり、白 赤ワインもいただき、とても豪華なランチでした。


単発も受講可能です。
第2回 の7月13日(金)は歳時記に合わせたテーブルコーディネート(七夕、お月見など)と和食器と洋食器の組み合わせ方
ランチは七夕のテーブルです。
ぜひ、ご参加お待ちしてます。
お問い合わせ、お申込みは、info@musee.co.jp

 

 

また先日はル プレジールさん主宰の、イタリア大使公邸でのイタリア大使夫人に学ぶ、おもてなしの空間作りのお話しとアフタヌーンティーパーティーに参加させていただきました。

アブダビ、中国など赴任先で購入したものを組み合わせ、アクアブルーと赤をアクセントカラーにされているのが素敵でした。シンメトリーの配置を重視されている事。古い物と新しい物のコンビネーションを楽しんでいらっしゃる事。中国の帽子箱など、なんだか分からないものを飾って、お客様とのカンバゼーションピースにされている事など伺いました。

「味気ない大使公邸を温かな雰囲気に。ハウスからホームへと、皆様に話しかけるような空間にしました」とのお話しが素敵でした。

松山藩藩邸跡の素晴らしいお庭も散策させて頂きました。

主催のル プレジールさま、貴重な機会をありがとうございました。

そして、お知らせです。

8月は東京 汐留にて「準備している人に、仕事のチャンスは来る」を合言葉に、アフタヌーンティー、ブッフェなどの基本のセッティングルール、花装飾、スタイリング 企画提案の仕方を学びます。お料理やお花の先生もお越し下さっています。ぜひ、パーティープロデュース講座に、ご参加ください

東京:「パーティープロデュース-基本コース3日間

8月3日(金)4日(土)5日(日)です。

また、23日24日25日は、テーブルコーディネートディプロマ習得3日間集中講座を開催します。

テーブルコーディネートディプロマ習得3日間集中講座【東京】花・芸術文化協会主催

なかなか忙しくて、東京まで通えない方も、ぜひこの機会にご参加ください。お待ちしております。

アーティフィシャルフラワー&テーブルコーディネート作品展をいたしました

6月4日から、四谷の東京堂6階のギャラリーにて、アーティフィシャルフラワー&テーブルコーディネート作品展をさせていただきました。
北海道から九州までの全国22名の認定校の先生方が、出展してくださいました。

毎日、テーブルコーディネートに合わせてのワークショップを開催
私も 初日に、この夏おすすめのテーブルコーディネートのデモンストレーションをさせていただきました。

作品は、アビランドの「オーシャン」というサンゴと魚の食器を使い、海の中のイメージ。
ディズニー映画のようなカラフルで、ちょっと冒険してみました。

ポイントは、このパリで購入した陶器のロブスター。ご覧下さった方が「河童橋で売ってますか?」ってお尋ね下さいましたが、河童橋には無いと思います。笑

そして、初日は認定校の皆様と親睦会@紀尾井町ガーデンのサロット カンティコへ。

フランチャコルタと共に、イタリア産とフランス産のキャビア食べ比べ。ワインと共にイタリア産とフランス産のフォアグラとサマートリュフを食べ比べ。贅沢すぎて大興奮でした。

アーティフィシャルフラワーのカリキュラムを立ち上げてちょうど1年。
初めての作品展でしたが、皆さまの協力で、無事終わる事が出来ました。
東京堂様にも、本当に感謝です。
また、次の作品展を目指して頑張りますね。

そして、関西の生徒さんたちと、フランス商工会議所 さんの京都でのガラパーティーへ伺いました。
在日フランス商工会議所事務局長  ニコラ ボナルデル氏と記念撮影。

京都と縁のあるオクシタニー地方のミッシェル サラン氏の豊かなお料理を頂きました。在日フランス商工会議所100周年の記念のお祝い会でもあり、京都府知事もいらっしゃいました。
華やかなフランスの文化に酔いしれたひと時でした。

一般社団法人「ルプレジール」の1周年パーティーがフランス大使公邸で華やかに開催されました

先月になりますが、設立前からお手伝いさせていただいていた、一般社団法人「ルプレジール」の1周年パーティーがフランス大使公邸で華やかに開催されました。フランス協賛ブランドがいっぱい参加し、アビランドでもプレゼントを協賛させていただきました。


入り口のアビランドのブースは、今年は、テーブルコーディネート認定校の潮田菜々子先生とフレッシュフラワー認定校の森田朋子先生が素敵にディスプレイしくださいました。

マリーアントワネットのお茶会のイメージです。
後ろのアビランド ロゴのバナースタンドが、立てられず四苦八苦。大勢の生徒の皆様が集まってご協力下さいました。


パーティーが始まる前に、新緑が美しいお庭でクリストフルの社長と生徒の皆様と写真撮影。

駐日フランス大使ローラン・ピック閣下もご臨席されたこのパーテ ィは、日仏交流 160 周年記念事業の一貫して行われ、ソプラノ歌手の安藤赴美子様、ピアニストの仲道祐子様も登場されました。
また、ブ ーランジェリー、メゾン・ランドゥメンヌのクロワッサン。ユーゴ&ヴィクトール、フレデリック・カッセル、ピエール・エルメ などがキラ星のように並んでいましたが、生徒さんや皆さまとの歓談で一口も食べる事なく終わってしまいました。テーブルコーディネーターとしてお付き合いのフランスブランドの方々、「美プレミアム」のライターとしてのお知り合いの方。こんなに大勢の方々と知り合えたのも、ひとえに美プレミアムさんのお陰と感謝です。

ちょうど電子書籍の発売日もパーティー当日でした。

書籍も出していただき、パーティーでもご紹介下さいました。

こちらのアマゾンより購入できます

慌ただしく、何も口にできなくても、シャンパーニュ のテタンジェだけは、しっかりと飲みながら、次の仕事の打ち合わせなど。。。。。

片付けが終わってから、最後にフランス商工会議所さんと、美プレミアムの水谷編集長と記念写真。

次の2周年、3周年のパーティーが楽しみです。

そして、開けてすぐに、シンガポールへ。

アビランド シンガポールでお花とテーブルのワークショップをさせていただきました。そちらのイベント報告は、こちらをご覧ください❤️

深夜便で朝早くシンガポールへ。

シンガポールで、テーブルコーディネートディプロマ証書の進呈式(笑)

レッスン途中でシンガポールへ行ってしまった紗代子さんですが、それでも日本へ帰る度に、受講を続けて下さいました。

一緒に、リバーサイドのJamboというお店でシンガポール名物のチリクラブをいただきました。プレーンと、ブラックペッパー味と2種類。

酸味と辛さが絶妙で美味しかったです。

シンガポールでは、プラナカン博物館に行ってから、すっかりプラナカンにハマりました。プラナカンは、シンガポールで生まれた民族文化で、元々はインドとマレーシアの季節風に乗って行き来していた貿易船の人達を祖先に持ちます。季節風を待つ間に住みついたという中国とマレーがミックスしたインターナショナルな文化のプラナカン。手仕事のビーズ細工、そして色鮮やかなプラナカン陶器が可愛いかったです。

その歴史的建造物の多い、カトンへ行きました。パステル系の家並みに、華やかなタイルや透かし彫りの装飾。フォトジェニックで、いっぱい写真を撮ってしまいました。

ニョニャ(プラナカンの女性)の丁寧な料理とお菓子。カトンの「ルマービビ」は人気の雑貨屋さん&カフェです。

次の日は、baba house の近くのチャイナタウンで、プラナカン アンティック屋さんを巡りました。プラナカン愛の強いオーナーに、資料やレシピなど頂きました。アンティックタイルも購入する事ができました。

シンガポールの最後は、お決まりのマリーナ ベイ サンズへ。

また、訪れたいシンガポールでした。

2018 © Musée