鬼頭郁子のダイアリー

テーブルウェアフェスティバルにてデモンストレーションをさせていただきました

1月31日、東京ドーム テーブルウェアフェスティバルの初日に「東京都花き振興協議会」のご依頼で、「テーブルから広がるシーズンフラワー」 ~気軽に楽しむパリスタイル~というテーマでお花とテーブルコーディネートのデモンストレーションをさせていただきました。

2016020101

「東京都花き振興協議会」は、東京都内にある花き関連団体が集結し、花の普及を目的としたいろいろな活動をしています。

季節を取り入れた、簡単におしゃれに作れるテーブルアレンジメントなどを作りました。

2016020103 2016020102

 

皆様、重い荷物とコートを手に立ってご覧いただき、本当にありがとうございました。熱気でいっぱいでした。
びっくりするくらい、おおぜいの方が集まって下さいました。

2016020104 2016020105

レジメが150枚なくなったそうで、人だかりがすごく、デモはテーブルの周りの30人ぐらいしか見えてなかったそうで、後ろの方は、スピーカーから流れる声だけを聞いていたそうです。
背の高い方がiPadで撮ったアレンジの画像を、皆様で共有して見てくださっていたそうで。。。。
レジメを見ながら、声だけでも、聞いていてくださっていたなんてありがたいです。

2016020106

ハンドマイクで作品は作りにくかったけど、ピンセットでのお花の刺し方や、今の人気の花の組み合わせが知れて、楽しかった。ためになったとおっしゃっていただけました。
生徒さん達も来てくださり、みんな後ろの方で、背伸びをしたり、手を降ってくれて嬉しかったです。
本当にありがとう。
2016020107 2016020108

少しでも、お花の普及活動のお役にたてれたらいいなと思います。

2016020109

 

 

もう今年に入って、1ヶ月が過ぎ、2月は立て続けて金沢です。
来週は、取材の仕事で久々にライター「イザベラ コンスタンチン」としての仕事で九谷焼の作家さんや、漆芸家、染織家を訪ねます。
そして、次の週は、テーブルコーディネート ディプロマ集中講座。

そういえば、先日、気に入っている九谷焼の器を、たまたま小松からいらした生徒さんにお出ししたら、 「あ!これ三ツ井為吉さんの器ですね」とおっしゃるので「1枚割ってしまいがっかりなんです。」って言ったら 「私、ご近所なんで、頼んで見ます」と、同じ物を作っていただくことになりました。
2016020110

偶然過ぎてびっくりしました。
三ツ井為吉さんは、伝統的な五彩(赤 ・青・黄・紫・紺青)を用いた古九谷様式の色が特徴です。
金沢に行ったら、また食器をいっぱい買ってきそうです。
金沢レッスンがますます楽しみになりました。
ところで、ぐるなびさんの「Ippin」というサイトで、私のオススメの1品をご紹介するキュレーターをしているのですが、今回は、生徒さんで、福島県いわき市でプリザーブドフラワー認定校をしている村上先生のお家のお味噌を紹介させていただきました。
あまりの美味しさに、驚きます。
お電話でお願いすると、発送してくださいます。私のおすすめです。
ぜひ、下記の「Ippin」でご覧ください。

2016020111
http://r.gnavi.co.jp/ippin/article-5064/

2月になり、ますます寒さが厳しいですね。皆様、暖かくしてお過ごしください。

苦楽園フレッシュフラワーディプロマコース第一期生の皆様15名が卒業に

苦楽園で、昨年4月からはじまった、フレッシュフラワーディプロマコースも、残すところあと1回のレッスンで全11回 (22作品)のカリキュラムが終わり、第一期生の皆様15名が卒業になります。
2016012901

お写真は、生徒さんの中野真由美さんからいただきました。本業は大阪で美容鍼をされている美容業界では人気のブロガーさんでもあるのですが、いつも熱心にご受講くださいます。

関西のディプロマコースはほとんど皆様初めてお花に触る方ばかりでアレンジも多少時間がかかりますが、皆様、どんどん上達されて行きます。

 

皆様とお昼ごはんも色々なところに行き、とても仲良く楽しく過ごさせていただき本当に楽しかったです。
また、新たに4月からスタートの第2期生の募集をしております。
2016012902

2016012903

【東京のクラスは随時募集しております!
東京クラスは、振替自由で、いつからでもお入りいただけます。
毎月、卒業する方、入会する方がいらして、こちらもいろいろな出会いがあり楽しいです】

 

 

 

そんな苦楽園クラスの皆様が、新年会を兼ねて、出版パーティーをしてくださいました。
(名古屋、東京に続いて何度でも、いろんなところでしていただき、恐縮です。)

場所は大阪の有名なイタリアン レストランの「 ポンテヴェッキオ」さんでした。

幹事の皆様が、いろいろサプライズを考えてくださいました。
2016012905 2016012904

幹事の金田さんが、私の本の表紙をイメージして登場です。

大きな、本のパネルも作ってくださり感激しました。

ドレスコードは関西らしく《ヒョウ柄・羽根・キラキラ》

テーブルコーディネート ディプロマコース4期生と、フレッシュフラワー ディプロマコース1期生の皆様は

レッスンも、遊びも全力投球!
2016012908 2016012906

2016012907

サプライズ プレゼントもいっぱいしていただきました!
2016012911 2016012910

2016012909

そして、皆様が口々におっしゃってくださるのは、「大人になって、お稽古を通してこんなにたくさんの、素敵な仲間たちに出会えたことに感謝です」という言葉です。
皆様が、本当に仲良くて、楽しそうで。。。
その笑顔を見ていると、私こそ感謝の気持ちで胸がいっぱいになりました。

それにしても、関西組、笑っちゃうくらい華やかです!
でも、明日は普通に会社出勤や、5時に起きてお子様のお弁当作りという方ばかり、このパーティーを前から楽しみにしてくださり、ご家族の理解をいただいて出席という方ばかりです。

気持ちよくお稽古に通わせていただくという、家族の応援もありがたいです。
多くの方のご協力に本当に感謝、感謝なのですが、やはりこの写真は笑ってしまいます。

2016012912

関西組の皆様、本当にお疲れ様でした。

 

 

「ロココなおもてなし」@名古屋レッスン終了

「ロココなおもてなし」@名古屋レッスン終了しました。名古屋バージョンでピンク系でコーディネート。

2016011806

お花は羽とリボンをいっぱい使って!エレガントなさき子先生の「ル サロン ブラン」にぴったりなテーブルになりました。

2016011802 2016011803

マナーはフランス貴族式で。。。。サービスの練習もしました。

お料理はもちろんさき子先生。

メニューは東京でのレッスンと同じ、温野菜のオードブルと鳥のフリカッセ。

2016011801 2016011804

アシスタント&写真は千恵子さんです。いつも、綺麗なお写真をありがとうございます。

レッスンにご参加の名古屋の皆様に、楽しんでいただけたみたいで良かったです。
食器はアビランド。クロスも、カトラリーも東京と同じです。

ただ、違うのは、お花とキャンドルだけですが、雰囲気もずいぶん違います。

東京はベージュとアンティックゴールドと黒で少しモダンロココにしましたが、名古屋は白とピンク系の濃淡でコーディネート。
自分の世界観でいろいろ変えれて、テーブルコーディネートって楽しいです。

2016011805

歴史も学べるテーブルデコレーション@名古屋のレッスンは、次回は4月26日・27日です。

11時からです。テーマは「一味違った、コテコテのゴージャスなアフタヌーンティー」です。

さき子先生のお菓子も楽しみですね。
名古屋の皆様、お問い合わせ、お申し込みはinfo@musee.co.jpへ。
お待ちしてます。

 

今月は、うちの協会員がお世話になっているドリーミア クラブ チーフプロデューサーの窪田みゆきさんが、全レッスンが終わられたので、テーブルデイプロマ習得お祝い会を、やはり会員様がオーナーマダムの麻布 「カーサヴィニタリア」でしました。
いつもドリーミアさんにお世話になっている協会のお料理やお菓子の先生方が集まってくれました。
マダムに、めちゃくちゃ特別大サービスしていただき、美味しい楽しい食事会になりました。

2016011807

みゆきさん*は*スケジュールの調整に大変でいらしたのに、最後まで受講して下さいました。
午前&午後通しの7回コース。
通常は7ヶ月で終了の方が多いのですが、午前中は会議、午後は出張など、毎回、忙しい時間をやりくりされ、終了まで2年近くかかりました。
そのため、幾つもの新しい生徒さんのクラスに参加する事になられたのですが、息をきらせてレッスンにお越し下さり、走り去っても、皆様への気遣いを忘れない!
いつも謙虚で、真摯に学ばれる姿が、多くの生徒さんから尊敬され、慕われていらっしゃいました。
改めて、生徒さんの「大切な時間」をいただいている事を忘れずに、有意義で、実りあるレッスンになるように努めようと思います❗

ドリーミア クラブさんのホームページはこちらです。

さて、いよいよ寒さが冬らしく厳しくなりました。
2月18日19日20日に開催される金沢での、テーブルコーディネートの集中レッスンも開催決定です。
まだ、若干お席がございます。ぜひ、お待ちしています。

2018 © Musée