アンティークと美術様式講座

「ジョセフィーヌの愛したネオクラシシズム様式と彼女が暮らしたマルメゾン城」

フランス・アンティークと手工芸の第一人者、石澤季里先生の「ジョセフィーヌの愛したネオクラシシズム様式と彼女が暮らしたマルメゾン城」についての講座です。
フランスやお城好きな方にはぴったりです。
わかりやすい内容で、どなたでもご参加いただけます。

ジョセフィーヌがトレンドセッターを務めたエンパイア時代の装飾美術の様式とインテリアアクセサリーや、今でも手に入るアンティークなどをご覧いただきながらお話を伺います。 ‪

3月18日(水)‪14時から16時
受講代6000円(ティータイム付き)

場所 汐留教室
JR浜松町駅または新橋、または大江戸線汐留駅
※お申し込み後、地図詳細を送ります。

石澤季里先生プロフィール
プティ・セナクル代表、ジャーナリスト 5年にわたるフランス生活でフレンチ・アンティークについて学び帰国。2000年からプティ・セナクル(旧アンティーク・エデュケーション)を開校。アンティークの鑑定および作られた時代背景を学び、優れた工芸品に触れる喜びと日常に取り入れる楽しさ、また、貴族やアッパークラスの生活を通してヨーロッパの生きた歴史文化に触れる場を提供している。著書に「パリ&パリから行くアンティーク・マーケット散歩」(CCCメディアハウス)、『フランス手仕事、名品の物語~マリー・アントワネットが愛した職人技』(大修館書店)ほか。

2020 © Musée