「ベストフラワーアレンジメント」連載6回目

雑誌「ベストフラワーアレンジメント」夏号。連載6回目のピリオド デザインは、「社交界を魅了したナポレオン三世皇妃ユジェニーの花とテーブル」
生徒さんの撮影もあり、岐阜のグランヴェールさんにて撮影させていただきました。撮影にご協力下さり、ありがとうございました。


ナポレオン三世の第二帝政時代、オスマン男爵のパリ大改造によって今の美しいパリの基盤がつくられました。幅広い道路が四方八方に広がり、ルーブル宮、オペラ座が建てられ、人々はその絢爛の場に集い、また、同時に食卓文化にも華やぎがもたされた時代でもありました。

当時、ユジェニーを中心に、ヨーロッパ諸国に影響を与えるほどのフランス最大の豪華な晩餐会が催され、食卓も金や銀の装飾や絵皿に映える色とりどりの花が飾られました。
ぜひ、「ベストフラワーアレンジメント」さんで、ご覧ください。

2017 © Musée